FC2ブログ

1月16日 アカムツ釣行 (スタッフ井上)

今年の初釣りは、アカムツ釣りへ赤羽漁港の

「ぽん助丸」さんへ行きました。

現地集合で、お客様の岡崎様と

一緒に釣りをしました。

そして偶然、森様も一緒になりました。

森様は、14日(火)に「ぽん助丸」に

アカムツ釣りに行き2日後の

16日(木)と週2回目です。

凄いペースです。

今回も、事務所で乗船料金の16,000円を払い、

最近釣れている仕掛けを撮りました。

IMG_5174_convert_20200119155131.jpg

受付けをした後、船の前へ車を移動して

道具を積み込み準備をします。

IMG_5176_convert_20200119155256.jpg

IMG_5183_convert_20200119155409.jpg

午前6時頃出船です。

準備が終わった後、朝焼けが綺麗だったので

写真を撮りました。

IMG_5179_convert_20200119155333.jpg

ポイントに着いたのは午前7時20分頃でした。

先月行ったときより遠いポイントです。

ドキドキしながら船長さんの合図で

1投目の投入です。

着底して何回か底取りをした時に

竿先をおさえるアタリが

岡崎様と私に有りました。

しかし、岡崎様は重量感のある引きでしたが

途中でバレてしまいました。

私は何とか釣り上げる事が出来て

ホット一安心。

これで、ゼロは無くなりました。

次の投入では、岡崎様と

IMG_5199_convert_20200119155829.jpg

森様にヒット❗️

IMG_5192_convert_20200119155638.jpg


IMG_5201_convert_20200119155919.jpg


IMG_5206_convert_20200119160002.jpg

今回の釣行は、キロムツが3匹も釣れ(私はつれませんでしたが・・・)

その内、岡崎様が1匹、森様は、2匹も釣ってらっしゃいました。

数のトップは岡崎様の5匹。

型のトップは、1.2kgを釣り上げた森様でした。

仕掛けもポイントによって夜光が良かったり、

ケイムラ仕掛けが良かったりと違いました。

さらに、そのポイントで底をトントンと

誘いを入れた方がいい時と

仕掛けが着底したらそのまま待った方が良い時と

その時々で当たる仕掛けや誘いが色々と変わり

どちら良いか迷い対応するのが大変でした。

今回は、朝方の時合いがありましたが、

それ以降のアタリは船中でポツポツとになり

前回は、沖上がり前にプチ時合いがありましたが、

今回はそれも無く午後1時に納竿となりました。

私は、アカムツ4匹、クロムツ1匹の釣果でした。

IMG_5207_convert_20200119160201.jpg

赤羽漁港は、少し距離がありますが

熱い船長からの熱血指導もしてもらえますので

是非一度、足を運んでみてはいかがですか?

当日の道具
 竿:ダイワ・ショットバイパー M-210
 リール:シマノ・ビーストマスター3000
 道糸:シマノ・タナトル8 3号-600m
 仕掛け:胴突き3本針
 オモリ:フジワラ・ワンダーⅠ 200号

1/16 日間賀島【竹見丸】カットウフグ釣り 斉藤

今年の初釣りは日間賀島の【竹見丸】さんのカットウフグ釣り🎣

昨年11月から5回目のカットウフグですがなかなか納得の行く釣りができずにもやもや☁️
仕立て船なので人数も少なく釣り易く数も釣れるのですが、それだけに当たりの合わせ損ないが悔しくてひとりで「キーッ」とうなるとことしばしば😅

片名港を6:30出船、日間賀島まではのんびり走って15分くらい。
今日は席決めジャンケンに負けて残った釣り座は右舷とも。
潮は10:30満潮なので後半勝負です。

移動中に仕掛けのセッティングをしますが、まだ辺りは暗く老眼が進んだ目ではガイドの糸通しもままならず😅
サボらず家で通してくれば良かったと朝から反省。
船長が付けてくれたライトの下で何とかセッティング完了。

1流し、2流しは全く反応無し。
3流し目で同乗の堀さんにヒット❗️
202001171145392df.jpg

今日も釣れる事が分かってホッ
それでも当たりは散発で、当たりが有ってもなかなか掛ける事ができず「キーッ」

9時過ぎにトイレに来た堀さんに「何匹?」と
お互い7匹で、なんとなく安心😅

潮止まりが近づき当たりが増えてきました。
確変とまでは行きませんが2連ちゃんが何度か有り数を伸ばす事が出来ました。

下げ潮が効きだすと当たりがまた減ってしまい、誘って誘って止めの繰り返しで餌をアピール。
ポツポツと釣れて終わってみれば25匹。
20200117114704853.jpg

20200117114717171.jpg

活性の高い大物800グラムクラスは餌針にガッチリ食って来ました。
やはり水温が下がって体力の無い小型は動きが鈍くなったのでしょうか?

釣りが終わって日間賀島へ寄りフグの内臓と皮の処理を船長と女将さんにしてもらいました。
お腹の中は白子と真子、肝がパンパン❗️❗️
「これが食べられたらなー」とみな口々に(笑
20200117114937186.jpg


20200117114952bd4.jpg


20200117115002b44.jpg

これで僕の今シーズンのカットウフグ釣りは終了の予定ですが、まだまだシーズンは続きますので是非チャレンジしてみて下さい。

仕掛けはヤマワ産業のカットウ仕掛けがオモリのロスが少なく使い易いですよー✨
釣具屋としてはちょっと売り上げが(笑
イカリの予備は沢山用意してくだい。
針先が甘くなったり、つぶれた針では掛け損ない多発ですよー
今回僕は根掛かりで切ったのも含めると35本くらい使いました。

使用タックル
竿:ダイワ メタリアカットウ H142とHH142
僕的にはHHが好みです、
リール:ダイワ アルファス
シマノ ステファーノ
ライン:シマノ タナトル2号
リーダー:6号1.5m

1月12日 調査釣行 (スタッフ武田・井上)

今回の調査釣行は、師崎漁港へ行って来ました。

寒い時期なので、2人とも根魚狙いです。

まず始めに市場前の常夜灯がある小突堤へ行きました。

IMG_5161_convert_20200114200352.jpg

流石、3連休の中日という事もあって

ルアー釣り(アジング)の方が等間隔に並んで釣りをしています。

情報収集の為に声を掛けると、始め豊浜漁港から師崎漁港へ

移動してきた方に声を掛けると

「豊浜漁港の釣り桟橋はすごい人で釣りは出来ませんでした」と

おっしゃっていました。

でも、アジが水面で跳ねていたようで

生命反応は有ったようです。

時合いは、水面で跳ねていた時間帯(午後6時頃)だそうです。

IMG_5163_convert_20200114200427.jpg

そして、師崎漁港はというと声を掛けた方が釣れて

15cm程のアジが釣れていました。

私達は、師崎漁港のテトラ帯のポイントへ移動して釣りをしました。

武田さんは、電気ウキ釣りの流し釣りを

私は、胴突き仕掛けで足下を探りました。

下げ潮にも関わらず沖向きに潮が流れず逆方向に流れていきます。

根魚は底を丹念に探っていくとコツコツっとアタリがあり

15cm位のを3匹釣り上げることが出来ました。

IMG_5164_convert_20200114200503.jpg

武田さんも釣り歩きながら場所を変え18cmくらいのアジが1匹釣れ

2人とも釣果を得る事が出来ました。

エサは、2人とも石ゴカイです。

IMG_5171_convert_20200114200538.jpg

寒い時期ですが、魚は元気でアジに根魚が釣れます。

アジは回遊魚なので早めに行く事をオススメします。

根魚はまだまだ、これからも釣れると思います。

アジは、投げサビキ仕掛け、根魚は胴突き仕掛けやブラクリ等を

持って行ってみて下さい。

最後に、防寒対策をしっかりして行きましょう。

1/10.11 磯釣り釣行(スタッフ 武田)

泊まりで磯釣りへ行って来ました。

今回御世話になったのは方座浦のやままる渡船さん(善之船長 080-2640-7344)

同行は御客様の井野様です。

朝5時過ぎに事務所へ行くと常連さんが続々と入って来ます。

この日の釣り客は20人程、平日なのに多いですね。

6時半出船して、東の磯から次々に渡していきます。

私達は大きな地磯同心に渡礁しました。

北西風いい凪です。

バラシが多いとの事でこの日は竿2号・ハリス3.5号でスタート。

最初は3ヒロくらいでもエサが取られます。

ウキ下を変えながら色々なポイントを探っていきます。

潮はごくゆっくり磯に当たりながら右に流れます。

2時間ほどしてファーストヒット。口太42cmでした。

その後は28~35cmがポツポツ釣れますがサイズは伸びません。

井野氏は45cmゲット。

昼過ぎエサ取りが消え大物の期待が高くなったのですが、私には釣れないまま終わってしまいました。

井野氏は納竿間際に46cmを追加流石です。

港に帰ると尾長の46cmを始め、6枚のグレが上がっていました。

好調な日に当たったようです。

P1110658_convert_20200112112101.jpg

この日は近くのコテージとちの木(0596-78-0560)へ宿泊して早めに就寝しました。

翌11日は土曜日ですごい人でした。駐車場もぎっちりそれでも収容人数の多い方座の磯は大丈夫です。

東の小山から順に渡していきます。この日は前日に連絡いただいた濵島様と2人で地の地へ上がりました。

P1110654_convert_20200112112028.jpg

P1110655_convert_20200112112041.jpg

低い磯なので釣り座がカブるのでチャラン棒を使用しました。

沈めながら釣りをしていると、浅い棚でエサを取られます。

波に気を付けて釣りをしていると穂先にアタリが有り、グレ44.5cmが釣れました。

その後もすぐにグレ30cmが釣れました。

濵島様も30cm程のグレを上げ、さあこれからと思いましたがアタリが無くなってしまいました。

更に潮が左へ変わるとエサも取られなくなりました。

1時頃大きなアタリがあり根に入られながらやっと取り込むと大きなサンノジでがっかり・・

その後ウネリが大きくなり早めに納竿。

2日間の釣りを終了しました。

P1110656_convert_20200112112052.jpg

今回は天候にも恵まれ満足の行く釣行になりました。

紀東の磯も本番突入です。ぜひ釣行して下さい。

タックル
 1日目
  ロッド BB-XSP2-54/60
  リール トーナメントZ3000LBD
  道糸 マックガンマ 3.25号
  ハリス ブラックストリーム 3.5号
 2日目
  ロッド VIPタイプⅡ
  リール BBーXテクニウム 3000DXG
  道糸 マックスガンマ 2.5号
  ハリス ブラックストリーム 2.75号

  針 イッカドP 7.5号
     ザ・ロック 8号

1/6 和歌山県串本 ティップエギング (菅ノ又)

イカ釣り大好きのスタッフ菅ノ又です。
今年の初釣りは和歌山県串本沖でティップエギングでアカ系のアオリイカを狙いにいってきました。
今回も御世話になった船は、悠真丸さんです。
IMG_1735_convert_20200108104916.jpg
船長に年明けの状況を確認してみたところ、潮と風向きが逆で船が流れ難く釣り辛いとのことです。
釣り辛いのは覚悟していたので今日は1杯良型を釣ることを目標にしました。
IMG_1750_convert_20200108105030.jpg
海上は無風でさらに波もなく凪で心地よかったのですが、釣り開始から全くアタリが無く丁度3時間程経って待望のアタリがありました。
竿に乗った感じが重くジェット噴射もここ最近味わったことのない勢いでラインを出していきました。
ラインのセッティングも1キロオーバーまで対応の細いセッティングだったので慎重にやり取りしてなんとかランディングすることができました。
上がって来たのは私の今シーズン最大のサイズのアカ系のアオリイカでした。
その後ポイントを移動して良型を2杯追加して納竿となりました。
IMG_1743_convert_20200108105123.jpg
今回の私の釣果は2.2キロ・1.7キロ・1.5キロのアカ系のアオリイカを3杯でした。
数的に少ないと思いますが2キロオーバーのほか1キロオーバーの良型が2杯釣れたので満足な釣果となりました。
ここ数年良型が出なかった串本エリアでしたが、今シーズンは良型がもっと出るような感じがします。
数は出ないかもしれませんが型狙いをされるなら是非串本に行ってみてはいかがでしょうか。

今回使用したタックル
ロッド シマノセフィアXチューンティップエギングS605M-S
     シマノCI4+ティップエギングS511M-S
リール シマノ18‘ステラ4000MHG
     シマノ14‘ステラC3000HG
ライン シマノセフィア8 0.4号ー200m
リーダー フロロカーボン2号1.5m
エギ  ヤマリアエギ王TR30g+TRシンカー
     ヤマリアエギ王K4号+Gクラックノーズコーンシンカー
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR