またまた効率の悪い、釣れないジギングへ 山本

1月28日(日)お客様5名と
またまた効率の悪い、釣れないアコウダイジギングに行って来ました。
今回の船は尾鷲早田の「末廣丸」さんで
6:30頃出船、ポイントまでは1時間程
水深は470m~500m程
皆さんは600gを落とす
私は今回、スロースキップのOVO500gを試してみる

皆さんがシャクリ始めても
私はまだ着底しない...
軽かったかなぁ...

着底は遅いが直に落ちて行く
今回も潮は緩々
私が行く日はいつもこんな感じ...

一流し目が終了して回収
外気温度は冷えていますが
一気に体が熱くなる

幾度か流し直すが、全くアタリが無い
アタリが無いのは承知の釣りです、
ある意味無意味な筋トレ状態

長~~~い時間が過ぎて
ファーストヒットは古川様
furukawa.jpg
トウジンでした。

続いて山口様も
yamaguchi.jpg
トウジンでした。

でその後に私は
アナゴの様な白いのが釣れましたが
見なかった事にしてリリース

あまりにも魚の写真が無いので
sinoda_20180130193253928.jpg
篠田様の笑顔を一枚
ピンボケですみませんm(__)m

結局、今回もアコウダイを見る事は出来ませんでした。

翌日は船長から
akou.jpeg
こんな写真が届きました。
同じポイント流した様で
「釣れればデカイの多いですよ」とメッセージ

ボウズ記録更新中
不甲斐なくてすみません((+_+))





1/19 ティップランエギング (菅ノ又)

今年初の釣りに和歌山県串本にアオリイカをティップランで狙いに行って来ました。
今回御世話になった釣り船は悠真丸さんです。
今回はシマノのNEWモデルセフィアXチューンティップエギングレッドデビルのインプレッションの為赤系のアオリイカが狙える串本エリアに行って来ました。
IMG_0990_convert_20180120104658.jpg
船長にここ最近の釣果を聞いてみたところサイズ・型共に厳しいとの事です。
時期的に厳しいのはしょうがありません。
IMG_0997_convert_20180120105122.jpg
釣り開始して3時間が経ってやっと初ヒット!
ナノアロイ採用のスローテーパブランクスが綺麗に曲げてくれます。

IMG_0998_convert_20180120105152.jpg
上がってきたのは1.5k程の白イカタイプでした。
竿自体全然余裕がありこのクラスであれば楽にあがってきました。
その後、アタリはありましたが数杯小型のイカを追加して納竿となりました。
IMG_0991_convert_20180120105050.jpg
今回は船中10杯と厳しい結果となりました。
黒潮の大蛇行の影響でしょうか昨年と比べて釣果の差がありますが、まだ2月~3月とチャンスはありますので、次回もチャレンジしていきます。
今回使用したNEWモデル シマノセフィアXチューンティップエギングレッドデビル(スピニングモデル)ですが、エギをシャクっている時はロッドの硬を感じます、手首を痛める可能性があるので手首を保護するリストサポートグローブをお勧めします。
ハイレスポンスソリッドを穂先に採用しているので戻りのアタリが大きくでる印象がありました。
カタログにも掲載されているとおりスローテーパの設計でイカが掛かってファイトしている時は竿の胴の方に入り粘り強さを感じました。
和歌山エリアや遠征で大型の赤系のアオリイカを狙う方にお勧めのロッドです。
今回私が使ったタックル
ロッド
メイン・シマノセフィアティップエギングレッドデビルS608MH-S
サブ ・シマノセフィアティップエギングS605M-S
リール
メイン・シマノヴァンキッシュ4000HG
サブ ・シマノヴァンキッシュ3000HGM
ライン
メイン・サブ共によつあみG-soulスーパージグマンX8 14lb-300m(200mで問題ないです)
リーダー
フロロカーボンの10lb~12lb)
エギ
3.5号のティップラン専用のエギ
3.5号~4.0号のノーマルのエギ
シンカー
ノーズコーンシンカー等のマスクシンカー20g~60g
*水深に合わせて底取りをし易くしたり潮流の速さや風の強によって船が流れる事により、底取りがし易いようにウェイトを変える為に必要なアイテムです。
ノーマルのエギに装着すればティップランに使えティップラン専用エギのウェイトUPに使うので用意しておきましょう。

熊野沖でアコウダイジギング 山本

更新が遅くなりましたが、
1月14日(日)熊野遊木漁港出船の「正丸」さんで
アコウダイジギングに出掛けて来ました。

辺りはまだ暗い朝6時半出船し徐々に日がのぼり
ポイントに着く頃にはすっかり日が差した。

水深470m~500m
潮の状態を確認する為に
先ずはFB700gを落とす。

一流し目は何も無く
潮も緩いので
二流し目はFB600gにチェンジ
気温が低く冷たい空気でしたが
この時間から風がないので次第に暑くなってきた。
それでも魚からのコンタクトは無く
ひたすらジグをリフトアンドフォール

何度目かの流しで
私は底付近をネチネチ探っていたら
アタリがあったがハリ掛りしない
その直後に土居様にヒット
底から2回目のロングフォールで
3回目のリフトで乗っていた様です。
doi
アコウダイです。
スピンドル600gレッドゼブラでお見事です。

この後もアタリはないが
休む事なくジグを動かす
途中同乗した方がサメを掛けてしましい
一時中断して最後の一流しに

最後の最後で何かドラマが欲しいところ
するとジャスティス村瀬氏が何か掛けた
私にもアタリがあったがこれも掛からない(*_*)

そして村瀬氏が釣り上げたのは
murase_2018011711101263b.jpg
ホウズキです。
スピンドルN350gシルバーのグローシールチューン
流石です。
こういう場面で釣る人と
釣らない私の差が出ています。

ジギングでアコウダイは
中々釣れなくて効率は悪いですが
1匹釣れた感動は格別です。

今月は後1回予定していますので
リベンジのリベンジのリベンジに
結果がついてくるのだろうか...

今回のタックル
ロッド
ASS レストリングフォース63M 63MH
リール
オーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi Pw
ライン
スーパーファイヤーライン1.5号1200m
リーダー
クレハ グランドマックス8号
ジグ
スロースキップFB700g~500g



1月14日 調査釣行 (スタッフ斉藤・井上)

さあ、今回の調査釣行は夜釣りです。

日曜日の閉店後、店を出発。

知多半島の小佐漁港へ向かいます。

蟆丈ス先シ∵クッ_convert_20180115200730

駐車場へ着くと数台の車が停まっています。

外は、凄く寒いだろうと思いましたが、

風が無く防寒着もしっかりと着てカイロも用意していたので

あまり寒くありませんでした。

私達も、早速準備をして釣り場へ向かいます。

堤防へ上がるとルアー釣りをしている方がいらっしゃいました。

斉藤店長は、イシゴカイを餌に遠投ウキ釣法で20cmのメバルを1匹。

流石です。詳しくは店長ブログをご覧ください。

私は、ブラクリ仕掛けと胴付き仕掛けの2つを試してみますが

干潮22時58分で潮が引いていく時で、

足元では全く歯が立ちませんでした。

ルアー釣りをしている方は、4~5匹程持っていたようです。

その後、港の内側・外側両方やってみますが

遠投できない私には、アタリが有りませんでした。

遠投出来る道具を用意して行ってみて下さい。

冬に嬉しい1匹と出会えるかもしれません。

1月6日 磯釣り (スタッフ遠藤・お友達)

今回も前回と同じ国丸渡船で磯釣りに行って来ました!!
朝六時半出船の二時半上がりです!
前より一時間伸びました(^∇^)ノ
狙う魚は前回釣って食べてみたらとてもおいしかったカワハギです!
DSCF4436_convert_20180111190643.jpg
磯はイチヤ島付近!
女性二人ということで、足場の良いところに降ろしてもらえました!
DSCF4438_convert_20180111190658.jpg
釣り始めて一時間半。
カワハギの姿が見られません。。。
前回の釣行の時よりも水温が2℃ほど下がっているためか
全くつつくことも無く、一旦諦めて根魚を狙ってみることに!
カサゴの仕掛けを使いゴカイを投入。
DSCF4439_convert_20180111190711.jpg
30分後にお友達が根掛かりをしたと呼ばれ駆けつけると。
「右に少し移動した!」と(笑)
大きい岩でもかけたのかな?と思い
竿を引いてみると少しずつ上がって来るんです(笑)
上まで来た時にブダイが顔を見せてくれました!
私たちの顔を見てから必死に潜ろうとしてましたが
私たちも必死にタモですくおうと格闘して5分。
やっとゲットしましたo(≧ω≦)o
DSCF4440_convert_20180111191030.jpg
それからまた釣れない時間が続き、ラスト2時間になり
かすかな反応が(´ω`人)
DSCF4441_convert_20180111191045.jpg
私もやっと初フィッシュ!カサゴちゃんを釣り上げました(笑)
DSCF4442_convert_20180111191109.jpg
後はベラ三匹・スズメダイ一匹が私の相手をしてくれました(笑)
DSCF4443_convert_20180111191123.jpg
また温かくなったらリベンジに行って来ますo(`ω´ )o
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR