FC2ブログ

12月14日(金) 磯釣り スタッフ光広

10月に行って以来、2度の出船中止を経てやっと行けた今シーズン2回目の磯釣り。

今回も古和浦の国丸渡船さんにお邪魔しました。
まだ暗い朝6時過ぎに出船、お客様は私を入れて10人。

この日の磯割は6番、渡礁したのは市屋島の裏側にある地磯。
DSCF3069_convert_20181215114830.jpg
右に写っているのが市屋島です。

グレ釣り用のマキエとサシエにボイルオキアミを使用した為、解凍と水分を吸わせるのに時間が少し掛かります。
それまでに他の釣りで時間潰し。
先月入荷したメガバスのメタルジグ「マキッパ」を使ってみました。
ボトムを取って、ゆっくり巻いてくるとすぐに釣れました。
DSCF3066_convert_20181215114854.jpg
小さいアカハタが釣れました。
その後30分ほど同じルアーで探りますが反応無し。

グレ釣りに切り替えて、足元付近から探ります。
予想していた風向きと異なり、東風が強く釣りづらい状況。
風と同じ方向に潮がゆっくりと流れていたので、0号のウキに6号のガン玉を打った軽い仕掛けで探ります。

グレ釣り開始後30分ぐらいでエサ取りのアタリ。
針が取られていたのでフグが居る様子。
ポイントを少しずらして探り直すと竿先がグッと曲がりました。
すぐに合わせを入れると心地良い引き。
DSCF3067_convert_20181215114918.jpg
30㎝ジャストの口太でした。

その後も連発とは行きませんが同じ釣り方でポツポツと同じサイズが釣れ、13時に納竿。
DSCF3070_convert_20181215114959.jpg
計5枚の釣果でした。

他の磯に上がられていたお客様も厳しかった様でグレのサイズも私と同じく30cm程。
40㎝を超えるグレは上がりませんでした。

最後に今後の見通しですが、大型のグレが釣れてくるのはもう少し先になりそうです。
それまでは数釣りや本命以外の美味しい魚が釣れてきますので五目釣りも面白いと思います。
まだ始まったばかりの寒グレシーズン、防寒対策をしっかりして楽しみましょう!





スポンサーサイト

12月11日 イカメタル釣行 (スタッフ武田)

北陸のイカメタルへ行って来ました。

堀様に自宅近くに頂いて12時30分出発。

名神一宮ICから高速道路へ乗り、北陸道・賤ケ岳SAで大嶋様と合流し、

早瀬漁港へ午後2時頃到着。

今回、御世話になったのは、「新漁丸」さん(080-8690-5017)

マイカ狙いなので第一新漁丸(大船長)に乗り込みました。

私達3人は、左舷の後ろに釣座をとりました。

定刻午後3時30分に出船し、1時間程走ってシーアンカーが入りました。

キャビンから外へ出ると雨が降っています。

さらに、ウネリが有り厳しい釣りになりそうです。

12月なので、出船出来るだけでラッキーと割り切って釣り開始です。

船中ファーストヒットは、堀様でした。

PC110492_convert_20181213155448.jpg

PC110494_convert_20181213155432.jpg

大きなマイカが上がって来ました。

しかし、その後しばらく全くアタリなし。

ついつい、竿を置いてしまいます。

1時間半程経過した、午後5時半過ぎやっと私にも1杯目が上がりました。

それからは、安定してアタリが出始めました。

大嶋様にも良型マイカが上がりました。

PC110496_convert_20181213155417.jpg

PC110497_convert_20181213155401.jpg

PC110498_convert_20181213155350.jpg

しかし、タルイカの攻撃が始まりました。

中層で巻き上げ途中のマイカに喰ったり、

フォーリングのイカメタルに直接喰ったり、

私だけでも5回以上やられました。

リーダーとのノット切られると最悪です。

雨の中でノットを組み直すのは、大変です。

それでも頑張ってやっていたのですが、

減灯して少しして納竿しました。

数は、27杯でしたが、特大も混じり楽しめました。

PC120501_convert_20181213155334.jpg

出船出来る日が限られてきましたが、

まだまだ楽しめますよ。

防寒対策をしっかりして出掛けてみて下さい。

当日の道具
 ベイト
   竿:ダイワ・エメラルダスAGS K60LB
   リール:シマノ・エンゲツ プレミアム151HG
ライン:クレハ・ステルス0.6号-200m
     
 スピニング
   竿:ダイワ・エメラルダスAGS K60KS
   リール:ダイワ・セルテート3012H
   
   イカメタル:ハヤブサ・タングスッテ15号、20号
   ドロッパー:デュエル・イージースリム

12月9日(日) 調査釣行 (菅ノ又・江上)


名古屋港9号地へ行って来ました。
釣場に到着したのは6時15分。
日の出前でまだ薄暗く、
防寒ウェア様様な朝です。
 
 
 
南側の岸壁へ出て
少し西へ歩いた所で先行の方に
お話を伺ったところ、
夜中からスタートをして、
アナゴ、ソイ、シーバスを
釣られたようです。
 
IMAG2447_convert_20181210130519.jpg
 
 
 
同所にてサビキ釣りをしました。
仕掛けはハヤブサ、
「発光プランクトン」を使用。
 
IMAG2448_convert_20181210130652.jpg
 
 
 
始めて数投
コツンとアタリはあるのですが、
なかなかうまく乗せられません。
水面では時折小魚が跳ねています。
 
 
 
日が出た頃
糸が走りようやく一匹。
掌より少し大きいサバが釣れました。
 
IMG_1429_convert_20181210131714.jpg
 
 
 
後が続かず暫く沈黙。
 
IMAG2450_convert_20181210130802.jpg
 
 
 
根気よく粘って
投げサビキで2匹掛け!
これも単発でした、
 
IMAG2451_2_convert_20181210130728.jpg
 
 
 
周りにサビキ釣りをされている方が
おりませんでしたので、
寄せの効率が悪かったです。
時合いが来れば釣果が上向くかも。
一気に気温が下がり
冬らしくなってきました。
しっかり防寒対策をして
お出掛け下さい!
 
IMG_1430_convert_20181210131224.jpg

12/6(木) フグカットウ釣り (スタッフ 臼井)

今回もフグのカットウ釣りへ行って来ました。

今回お世話になったのは師崎港の石川丸さん。

5時10分頃に到着し、受け付けを済ましました。今回は右舷の一番前に場所を取りました。

6時45分頃出航。10分程移動して、7時ころに釣りを開始しました。

20181206_064403_convert_20181208163542.jpg

20181206_102925_convert_20181208163724.jpg

20181206_102936_convert_20181208164006.jpg

天気は曇りでしたが寒いということはありませんでした。

20181206_081837_convert_20181208163741.jpg

船長さんの合図とともに仕掛けを入れて3~5秒ごとに軽くシャクリを入れていきます。

何度かエサの状態を確認するとエサが取られている形跡があったので、今度はしゃくらずにアタリを待ってみることにしました。

少し待っているとコツ、コツ、とアタリが有り素早くあわせると型の良いフグが釣れました。

その後も一匹追加しな、かなか良いスタートが切れました。

しかし、その後はアタリが分かりにくくなり、オモリも流されてしまい根掛かりすることも増え、11時ころまで何も釣ることが出来ませんでした。

エサを新しく変えてみたり、しゃくる間隔を変えてみたりと工夫してみましたが釣れない時間が続きました。

釣れずに困っていたら、隣の方に仕掛けを30~50cmくらい上げてみるといいよとアドバイスをしてくださいました。

いわれたとおりに仕掛けを少し上げてみると、すぐにコツコツとアタリがあり、カワハギを釣る事が出来ました。

20181206_121434_convert_20181208164021.jpg

その後も隣の方に色々と教えてもらいながらなんとかフグを三匹追加することが出来ました。

最終釣果はフグ5匹、カワハギ1匹でした。

数は多くありませんでしたが一匹、一匹が大きく釣りがいが有りました。

20181206_130659_convert_20181208164037.jpg

今回のようにアタリが分かりづらい時や、オモリが流されてしまうようなときは少し仕掛けを上げて待ってみるのも良いかもしれません。

最後まであきらめずに続けていると、急に釣れ始めることもあるのでぜひ一度フグ釣りへ出かけてみて下さい。

中深海ジギング 山本

山本です。
12月に入り冬らしくなってきました。
さて今週の休みは日曜日で
伊勢湾の青物祭りに参加しようと思いましたが、
当然ながらどこの船も満船なので
トロ丸」さんの中深海ジギングに行って来ました。
今年のアカムツはここ数年に比べると釣れていて
前日もまずまずの釣果でしたので期待しながら
お客様の大嶋様、坪井様と船着き場に向かう。

2時半にマルハン出発して5時に船着き場に到着
船長に挨拶して荷物を積み込み出船を待つと
「釣り座のジャンケンをします!」と
この船では初めての事。
釣座は何処でも良いのですが
ジャンケンで負けて出端くじかれた感が...

船は約1時間程走りポイントに到着
北の風が強く風波でバタバタの中
水深250mからスタート
私は相変わらず
スロースキップFB300gを落とす。

一流し目、大嶋様に何かヒット
潮が悪くオマツリしながら上がって来たのは
タチウオでした。
この後、私にもヒット、
ユメカサゴでも付いたかと思いましたが
これもタチウオでした。

アタリが無い時間が続き
何度か流し直した時にトモの方にアタリが
上がって来たのは45cm程の大きなアカムツ。
これとほぼ同時に大嶋様が底ベッタリで掛けた、
ウネリがあるので、バレないか心配しましたが
oosimasama.jpg
アカムツを無事キャッチ!
初アカムツおめでとうございます!

同じポイント何度か流してみるが
アタリが無く、ポイントを転々と移動すると
坪井様も底でジグを止めているとアタリが
tuboisama.jpg
坪井様も初アカムツをゲットです。
おめでとうございます!!

ウネリがあるので竿を使わなくても
誘いになってるのかな?

私は何とかアタリが欲しくなり
底から20m位まで探ってムツを狙ったり
「二兎を追う者は一兎も得ず」の典型的なパターン

更に潮が悪くなり釣りがしやすいポイントに移動
釣りがしやすいから釣れるとは限らず
時間切れ...

帰港後、船着で船長が顔を見合わせて
「山本さんが釣らんとお客さんが釣って
山本さんが釣ってしまうとお客さんが釣れん
ジンクスは消えませんねぇ~」と...
その通りですが、「ほっといてっ!」
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR