FC2ブログ

10月18日(木) 磯釣り スタッフ光広

10月も後半になり、そろそろグレ釣りに行きたくなったので今シーズン初の磯へ行って来ました。

場所はここ数年通い続けている三重県の古和浦。
毎年お世話になっている国丸渡船さんを利用し、渡礁したのは「大島の地」
DSCF3051_convert_20181021112416.jpg
写真の左上に写る一級磯「大島」の裏側にある小さな磯で、去年乗った時に良い思いをしたので渡してもらいました。

撒き餌ですが、今回は配合エサを使いました。
DSCF3052_convert_20181021112442.jpg
マルキューの新しい配合エサ「グレパワーV11」と「超遠投グレ」を各1袋にオキアミを6キロ混ぜました。
サシエはマルキューの「スーパーハード Lサイズ」を用意しました。

この日の潮は長潮。6時過ぎが干潮で昼に満潮をむかえます。
仕掛けを準備し、釣りを始めますがしばらくアタリも無く、エサも取られません。
仕掛けの流すコースやタナをこまめに変えて探りますが、反応は皆無。
潮の流れが上潮だけが走り、底潮が動かず釣りにくい状況でした。
11時頃にようやくエサが取られますが、釣れてくるのはエサ取りばかり。

エサ取りのカワハギが釣れたので、グレ釣りを一旦止めてカワハギ釣りに変更。
カワハギ仕掛けに冷凍アサリを付けるとすぐに釣れました。
4匹ほど釣れたのでカワハギ釣りを止めて、今度はアカハタを狙います。

仕掛けはマグバイト「バサロ」に「スナッチバイトシュリンプ」をセット。
ある程度遠投し、底を取ったら5~6回ハンドルを巻いて、再びカーブフォールで沈める動作を繰り返します。
数投で20㎝サイズが釣れ、その後すぐに強烈な引きの魚が掛かりましたが根に潜られラインブレイク。
ルアーを付け直して、探ると再びヒット!強烈な引きをかわしながら、強引に寄せてくると30㎝前半のアカハタでした。
DSCF3053_convert_20181021112511.jpg
このサイズになると引き味が違い、面白いです!

この魚を最後に船が迎えに来る時間になってしまいました。
DSCF3054_convert_20181021112534.jpg
最終結果はカワハギ4匹、アカハタ2匹という結果。
小さい方のアカハタはリリースし、カワハギとアカハタは美味しくいただきました。

ちなみにこの日は私以外にお客さんが4人いましたが、グレは釣れておらず、カツオやハマチ、底物狙いの人がイシガキダイを釣っていました。まだ水温が高いようです。グレは来月以降に期待ですね。







スポンサーサイト

10/21(日) 調査釣行 (スタッフ 江上・臼井)

今回の調査釣行は碧南海釣り広場へ行って来ました。

碧南海釣り広場はトイレや柵が設置してありお子様連れの方でも安心して釣りが楽しめる場所です。

20181021_082227_convert_20181021113722.jpg

7時少し前に到着しましたが人気のポイントである排水が流れ出ている場所にはたくさんの人がいました。

DSC07998_convert_20181021113955.jpg

20181021_065716_convert_20181021113912.jpg

私たちは今回はサヨリを狙いに来ていたのですが、人が多い場所では仕掛けを投げづらいと思い空いている場所で釣りを開始しました。

20181021_065700_convert_20181021113925.jpg

近くで釣りをしていた方は大きさ10cm程のハゼを釣っていました。

20181021_070226_convert_20181021113846.jpg

20181021_065807_convert_20181021113858.jpg

今日はハゼだけでしたが、20cm程のセイゴも釣ることが出来るそうです。

そのほかにはサッパ、ゼンメ、チヌ、チンタなどが釣れていました。

20181021_081153_convert_20181021113803.jpg

サビキ釣りをしている人の中でもママカリサビキ仕掛けを使っている人の方が良く釣れている様子でした。

私達も釣りを開始しましたが狙いのサヨリは釣れず、江上さんがイケカツオの小さい物を釣ったのみでした。

DSC08001_convert_20181021113827.jpg

周りのサヨリ狙いの方も釣れている様子は無く、8時ころ終了しました。

帰る際に常連の方にお話を聞いたらサヨリを釣るには少し時期が遅いとの事でした。

サヨリの時期は過ぎてしまいましたが、もう少し寒くなると型の良いハゼが釣れるそうなのでぜひ一度碧南海釣り公園へ出かけてみて下さい。

20181021_072404_convert_20181021113815.jpg

10/16(火) 九号地で釣り (スタッフ 臼井)

今回は今までとは時間帯を変えて夜釣りでウキフカセにチャレンジしました。

ウキはBの電気ウキを使用、ウキ下は2ヒロ半でした。

20181019_140546_convert_20181019143050.jpg

近くの工場で小麦を扱っている工場があると話を聞いたので、コマセをムギパワースペシャルをメインにしました。

20181019_140656_convert_20181019143002.jpg

20181019_140623_convert_20181019143034.jpg

20181019_140243_convert_20181019143109.jpg

さなぎも加えた方がよいと教えてもらいさなぎ荒引きの徳用を混ぜました。

20181019_140024_convert_20181019143137.jpg

付けエサにはオキアミのスーパーハードのLを使用しました。前回まで使っていた付けエサよりも身がしまっていたので針につけやすく、投げても取れにくいものが全体的に多くとても使いやすかったです。

20181017_013325_convert_20181019143224.jpg

夜10時ころに到着し、釣りを開始しました。

到着して直ぐにコマセを撒き、そして仕掛けの準備をしました。

一投目は足元の捨て石の少し奥を狙って仕掛けを入れました。仕掛けをいれて少し待っていると引きは弱いですが何かかが掛かりました。

上げてみるとカサゴが掛かっていました。

20181016_235524_convert_20181019143236.jpg

その後も同じ場所に仕掛けを入れますがカサゴがポツリポツリとかかるだけでした。

20181016_230723_convert_20181019143250.jpg

20181016_225023_convert_20181019143307.jpg

少し時間がたち、潮が引いてくると徐々にサバが掛かるようになりました。

20181017_033134_convert_20181019143151.jpg

サバが掛かり始めると、どこに仕掛けを入れてもサバが掛かるようになってしまい付けエサが切れてしまったので、17日の朝4じころに終了となりました。

20181017_033130_convert_20181019143204.jpg

今回は時間帯を変えて夜釣りにチャレンジしましたが本命のチヌを釣ることはできませんでした。

次回はサバの対策をしてまたチャレンジしてみたいです。

10月14日 調査釣行 (スタッフ菅ノ又・光広・井上)

今回の調査釣行の場所は、夜の豊浜漁港です。

日曜日の閉店後、夕食を済ませ知多半島道路を利用し現場へ到着したのは午後9時10分でした。

まず、市場の前へ行きました。

IMG_0384_convert_20181016185446.jpg

IMG_0386_convert_20181016190536.jpg

写真だと分かりにくいですが、釣り人はたくさんみえます。

タチウオ釣りをしてらしゃる方に話しを伺うと、

釣り始めは、エサを取られたがその後エサも取られなくなったとおっしゃっていました。

私達も、釣りの準備をします。

車から出ると、空気が冷たいので翌日体調を崩さないように

一枚上着を持って行くことをお勧めします。

菅ノ又さんは、電気ウキのタチウオ釣り。

光広さんは、アジング。

私は、胴突き仕掛けで三者三様の釣り方でをやりました。。

IMG_1336_convert_20181016185546_2018101619070585c.jpg

市場なので、灯りがしっかりと有りその周辺を3人とも釣ります。

まず、アオイソメのエサで胴突き仕掛けを使い底をトントンしていると

岸から2mくらいのところに仕掛けがきたところで反応が!

その正体は、小さなタケノコメバルでした。

幸先よく釣れましたがその後が続きません。

30分程粘りましたが釣れず、ポイント移動。

場所は、同じ豊浜漁港の白灯台へ移動しました。

この移動が功を奏して、アジングをしていた光広さんに

カサゴが釣れました。

ゆっくりタダ巻きにアタリがあったそうです。

IMG_1349_convert_20181016185607_2018101619070460e.jpg

その後、菅ノ又さんは白灯台から釣り桟橋方向へ投げていたのを

市場方向へ投げてケミホタルを青色からピンク色に変更し

仕掛けを「ササメ」の「太刀魚銀座」で綺麗な銀色タチウオが釣れました。

IMG_0387_convert_20181016185627.jpg

IMG_0396_convert_20181016185646.jpg

終わり際に、メバルを胴付き仕掛けで1匹釣る事が出来ました。

根掛かりが多いので2~3号の軽いオモリで

仕掛けもたくさん持って行ってください。

IMG_1375_convert_20181016185703_20181016190708271.jpg

最後に、豊浜漁港は台風の影響で埋め立て地のコンクリートが剥がれていたり

手すりの無くなっています。

釣り桟橋も立ち入り禁止ですので豊浜漁港へ行かれる時は

くれぐれも事故の無いように細心の注意を払って釣りをしてください。

伊勢志摩沖のティップラン 山本

10月15日(月)
伊勢志摩の「トロ丸」さんでテイップランに行って来ました。
アオリイカは、岸からでも船からでも連日好調、
期待を込めて、5時過ぎに出船。

予報では曇りのち雨がいきなり雨
30分程でポイントに到着
ダイワ「エメラルダスボート」の新色
ライトブルー杉3.5号30gをチョイス
一流し目は何もなく
二流し目に30cm弱のアオリをゲット!
早い時間に釣れたので写真は無しで
スグにエギを落とすと
今度は魚の引き、アカハタだったので
即リリース。
と、ここまでは普段と変わらないテイップランですが、
ここからが私の真骨頂と言ったら良いのか
全くアタリが無く、雨も小雨ならまだしも
そこそこの降りで風も吹き寒い日に。
浅い場所が良いのか、深い場所が良いのか、
船長もいろいろポイントを走り回る。

魚探の中層には魚の反応がビッシリ
エギに魚が良く当たるがアオリが当たらない...

ポイントを変えると先ほど流したポイントに
他の船が入って4杯連発したと無線が入る...
負のパターンに...

最後は同船者がオオモンハタを釣って
終了と何とも冴えない釣果(*_*)

アオリイカが居ない訳ではなく
私が下手くそで釣れなかっただけです(T_T)

私が言うのも説得力ありませんが
今年はアオリイカはアタリ年です、
岸からでも船からでもアオリイカを
狙ってみてください。

ティップランの方はエギの
カラーバリエーションは勿論の事
後付けのシンカーも水深、風、潮と
色々な条件に合わせて追加出来る様に
ご用意してお出かけください。
因みにこの日は2ノットと激流ポイント
もありました。

ika_20181016160300385.jpg
写真のアオリイカはジップの袋に海水が入っています。
トロ丸の船長が「ワンステップ」の船長の処理を見て始めた様です。
この方が身焼けがしにくい様です。




プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR