11/19 調査釣行 スタッフ菅ノ又・武田

今回の調査釣行は、名古屋港潮見ふ頭九号地に行って来ました。
ここ最近投げサビキで鯖が釣れているとのことで、私たちも鯖狙いで行くことにしました。
IMG_0866_convert_20171119110113.jpg
午前6時半頃潮見ふ頭九号地の南側に到着、少し西方向に進んだところに、釣り座を置き釣り開始。

IMG_0860_convert_20171119110915.jpgIMG_0869_convert_20171119111308.jpg
一投目から同行者の武田さんに15cm程のサッパがダブルでヒット。
それから直ぐ私のとこにも今回本命のサバがヒットしてくれました。
IMG_0878_convert_20171119105815.jpg
一投1匹または2匹のペースで釣れ続きサッパとサバが同時に掛かったりして飽きが来ないペースで掛かってくれました。
IMG_0871_convert_20171119110214.jpg
追い喰いを狙ってみたら4連で掛かってくれました。
少しの間ラッシュはありましたが、仕事前の釣行なので後ろ髪を引かれつつ納竿としました。
水深の浅い九号地では、足元では釣りにならないので、やや沖を狙うと良いと思います。

今回私が使ったタックル&仕掛け
遠投用磯竿4-530 
リール遠藤カゴ釣り用の大型スピニングリールにナイロン4号200m
遠投カゴ釣り用の視認性よいウキ8号又は10号
堤防用のサビキ仕掛け幹3号以上ハリス1.5号以上鈎6号以上のピンクスキン
サビキカゴは下オモリタイプを使いますサイズはMでオモリが8号又は10号。
8号又は10号のオモリの付いたカゴを投げるのですから、幹糸を太目にしておけば安心です。
25cm前後の大きさですが多点掛けで釣れてくると以外にも重量感があり面白いですよ。
皆さんも投げサビキ釣りにチャレンジしてみませんか。




スポンサーサイト

11月16日(木) 磯釣り スタッフ光広

11月に入り、磯釣りのシーズン到来‼
個人的には心待ちにしていた時期を迎えました。

仕事を終えてから、1度帰宅し準備を整え三重県古和浦へ車を走らせます。
今回もお世話になる渡船は国丸渡船さん。
この日の磯割は3番。渡礁したのは大島の地。
DSCF2821_convert_20171118103213.jpg
朝日を見ながら道具の準備を進めます。

釣り座は船着きにしました。
DSCF2819_convert_20171118103141.jpg
沖に見える大きな磯が大島です。

この日の撒き餌はボイル3キロにアミエビ2キロを混ぜたものを使用。
バッカンに撒き餌を入れ、海水を入れてボイルに水を吸わせます。
水を吸うまで、カワハギ釣りをしてみました。
しかし、エサはすぐ取られますが掛かりません。
ベラや小さなアカハタが釣れる程度だったので、30分で一旦終了。
グレ釣りに切り替えます。

釣り座の写真に写る、手前に頭を出した磯の周辺に仕掛けを流します。
しばらくすると刺し餌が取られだしました。
ウキに反応が出ないのでウキを沈めて、道糸の動きでアタリを取ります。
30分ぐらいでようやく道糸がバチバチと走りました。
DSCF2825_convert_20171118103233.jpg
久しぶりに磯竿の曲がりを楽しみながら、30㎝ほどの本命「グレ」をゲット。
再度、同じ所を流しますが続きません。

食いが渋いのかもと推測し、ウキ止めなしの軽い仕掛けに変更するとアタリが出だしました。
しかし、釣れてくるのは外道のアイゴ。
引きは強くてグレっぽいのですが、途中で「カンカン」叩く引きをするのですぐわかります。

アイゴ地獄から免れるため、休憩がてらルアーでアカハタ狙いに切り替えます。
すると簡単に釣れちゃいました。
DSCF2826_convert_20171118103253.jpg
足元で強い引きを見せてくれた30cmぐらいのアカハタでした。
DSCF2827_convert_20171118103312.jpg
ルアーは前にも紹介しました「マグバイト バサロ」。
ウェイトは14gを使用。トレーラーにバリブルシャッド3インチを付け、リトリーブでヒットしました。

お土産もできたので、グレ釣りを再開。
狙い続けた磯の右側に潮目が出来たので、そこを探る様にウキを流すと待望のバチバチ。
合わせを入れて足元に寄せますが、そこから下へ強い突っ込みを見せます。
竿がのされないように何度かレバーを離し、糸を出してやり取りした後、痛恨のバラシ。
しかも、その後3連続でバラシ。下手くそです(泣)

その後バチバチアタリは無くなり、終了間際にブダイを釣り上げてこの日は終了。
DSCF2829_convert_20171118103330.jpg
グレ、アカハタ、ブダイが1匹ずつでした。

帰港後、大島に乗られていた方が40㎝オーバーの尾長グレを絞めていました。
羨ましい限りでした。

最後に今後の見通しですが、水温次第ですが尾長グレもまだまだ狙えると思います。
悔しい思いをしないためにも太めのタックルと仕掛けで臨みましょう‼





11月9日 京都 栗田漁港 エサ釣り (遠藤)

今回私は新幹線とお知り合いの車に乗せていただいて京都の
栗田漁港という場所に釣りに行って来ました!
なぜそんな遠くに行ってまでエサ釣りなのか。
たまには普段いかない所で釣りも楽しいですよねヾ(o´∀`o)ノ
DSCF4422_convert_20171113134235.jpg
最近の私の釣果ブログは雨で濡れた写真ばかりだ。
雨女じゃないか??などと、ブログを見て下さっているお客様方からのお声が、、、
見て下さい!!!曇ってます!雨降ってませんヾ(o´∀`o)ノ
ちなみに8日は雨に打たれながらコソッとショアジギングをしていました(笑)
ボウズでした、、、唯一掛けたのは死んだメーターはあるタルイカでした(笑)
DSCF4416_convert_20171113134254.jpg
9日!!お友達とお昼から釣りを始め
私はオキアミを付けてエサ釣り
お友達はショアジギングヾ(・∀・)
一番に掛かってきたのは小さなエソさん!
DSCF4417_convert_20171113134308.jpg
あとは私のオキアミで小さいお方々があそんでくれましたヾ(・∀・)
お隣のお兄さんや遠くの家族の方などは
フカセやサビキでグレやアジを釣っていました!
DSCF4418_convert_20171113134323.jpg
DSCF4420_convert_20171113134341.jpg
下に落とすとほぼベラさんでした(笑)
DSCF4421_convert_20171113134357.jpg
ラスト釣って帰ろう!と下に落とすと
ベラさんとは違うアタリが!小さなカサゴさんでした!
100_69770_convert_20171113141900.jpg
あまりに食べられるような大きな魚が釣れなかったため
帰りにどこにでもいるこんなような↑貝を取っていえで塩ゆでで食べてみました。
初めて食べたので少し怖かったのですが、
噛めば噛むほどうま味が出てくるので
あっという間に30個ちかくをペロリと完食しました(´ω`人)
綺麗な海で取って食べてみてください!
凄く美味しいですよ+゚。*(*´∀`*)

11月12日(日) 調査釣行 (スタッフ江上・井上)

今回、調査を行う場所は、中山製鋼です。

綺麗な朝焼けを見ながら準備をして釣り場へ向かいます。

DSC07642_convert_20171112115435.jpg

中山製鋼は、立ち入り禁止区域と開放区域が分かれています。

大切な釣り場を守る為、しっかり守りましょう。

DSC07647_convert_20171112115515.jpg

DSC07649_convert_20171112115624.jpg

ポイントに着き、さあ釣りをしようと思いましたが、

竿が置いてあったりと場所が無く断念しました。

折角なので釣りをしている方に話しを聞くと、

ちょい投げで20cm前後のハゼが釣れていました。

DSCN1430_convert_20171112115650.jpg

その他には、サビキ釣りでサッパとウキ釣りでグレも釣れていました。

温排水の周りは、魚影が濃い事が確認できました。

釣りたかったですが、一通り聞き終わった所で

次の場所へ移りました。

その場所は、ファイザー武豊緑地へ行きました。

DSCN1435_convert_20171112115712.jpg

DSCN1438_convert_20171112122520.jpg

こちらも、日曜日らしい人の多さで賑わっています。

この場所では、空いている所が有ったので

釣り開始!

ぶっ込み釣りとサビキ釣りをしました。

しかし、一向にアタリなく・・・

DSCN1433_convert_20171112122608.jpg

隣のちょい投げ釣りをしていた親子連れには、

良型ハゼが釣れていました。

DSCN1431_convert_20171112122630.jpg

今は、ちょい投げのハゼ釣りが釣り人を楽しませてくれそうです。

これから寒くなっていきます。

テトラ際や敷石での胴付き仕掛けやブラクリでの

メバルやカサゴなどの根魚釣りが楽しくなりそうです。

朝、夕は寒く防寒対策を万全にして釣りをして下さい。

11月8日(水) 伊良湖でシーバス&青物狙い スタッフ光広

10月から釣果が聞かれていた伊良湖岬周辺のシーバスと青物を狙いに行って来ました。

火曜日、仕事を終えて帰宅し準備を整えてすぐに出発。
夜中の干潮のタイミングに合わせて、伊良湖岬に到着したのが日付が変わった午前1時半。
タックルを準備し、徒歩で移動。最初は灯台近くに有る瀬周りから釣り開始。

風はほぼ無風、外からのウネリが少しある状況でした。
慎重に波の動きを見ながらキャストを繰り返しますが、アタリはなく潮位が上がって来たので移動。
続いて恋路ヶ浜で釣り再開。
様々なルアーを遠投して探りますが、やはり反応無し。

空が少し明るくなった5時頃に西磯エリアへ移動。
DSCF2816_convert_20171110101925.jpg
この時間になると釣り人も多くなってきました。
しかし、ロッドを曲げている方や魚をぶら下げている方はいません。

ここでも様々なルアーをキャストしますが反応が無いまま時間が過ぎ、6時半頃ついにヒット。
ファイト中、魚が首を振る感じはありますが、エラ洗いはしません。
青物のような走りも無く、上がって来たのはマゴチでした。
DSCF2817_convert_20171110101946.jpg
サイズは56cm。
DSCF2818_convert_20171110102007.jpg
ヒットルアーはアスリートバイブ。去年発売の1091カラーでした。

この1匹を最後にこの日の釣行を終了しました。
水温はまだ高く、おそらくベイトもゼンメではなくイワシだと思います。
水温が下がってくればゼンメパターンも始まると思いますので、これからも期待できると思います。



プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR