FC2ブログ

2/14・15 磯釣行 (スタッフ 武田)

2日間、紀東の磯釣りへ行って来ました。

同行者は御客様の井野様です。

釣行先は方座浦です。やままる渡船(080-2640-7344)

初日は雨で荒れ気味の予報が出ているためか、釣り客は少なく10名でした。

1番磯の定の赤島から3番磯のカイザナ迄、渡礁しました。

私達は、大きな地磯同心カドに上がりました。

初めての磯なので、井野様より色々教えて頂き釣りを開始。

竿1本くらいから急深な磯の為、深く探るため、5Bのウキをセットしました。

竿2本くらいまでの深ダナを探りますが、アタリが有りません。

仕方がないので右に釣り座を変え、磯際を狙ってみるとカワハギが釣れ、続いて28cm程のグレが釣れました。

しかし、粘っても大きい物が来そうにないので、本命ポイントで我慢することにします。

井野氏にも様子を聞くとフグのみとのこと、厳しい状況です。

昼過ぎからは、雨も降り、さらにつらい状況です。

P2150519_convert_20190217134318.jpg

しかし、2時過ぎからエサ取りが活発になり、タナも上がって来ました。

釣れると信じタナを上げてやってみましたが、カワハギを追加したのみで終わってしまいました。

井野氏も大した釣果はなく2人で玉砕。

P2150521_convert_20190217134334.jpg

港に帰るとグレは31・2cmが何枚か上がっている程度ですが、大ダイ85mが上がっていました。

この日は翌日に期待してとちの木(0569-78-0560)にて早めに就寝しました。

明けて15日は釣り客30人程、天気は晴れですが北西の強風予報です。

湾の外へ出るとウネリがかなりありますが、私たちは濡れる覚悟で、赤島へ上がりました。

P2160523_convert_20190217134355.jpg

ウネリの為チャラン棒を用意して釣りを開始しますがサラシが大きくて磯際では仕掛けが安定しないので、私は遠投して沈めながら探って行きます。

9時ころ、糸を走るアタリが有り32cm程の青いグレが釣れました。

P2160524_convert_20190217134409.jpg

連発するのかと思ったのですが、それっきりでした。

10時過ぎ、一瞬静かになったので磯際を狙ってみると穂先をひったくる強烈なアタリ、膝まで波に被りながらやり取りしますが、途中で竿をたたきます。

残念、45cm程のサンノジでした。

その後アイゴの40cmオーバーを釣ったところで、風向きが変わりさらに荒れてきました。

裏にポイントを変えようと思いましたが、1人分のポイントしかなく見学していました。

結局波が収まらずにそのまま終了、冴えない釣行になってしまいました。

港に帰るも皆さんグレはさっぱり。

マダイ、チヌが少しでした。こんな日もあります。

次回また頑張ります。寒グレはこれからが大型期待のシーズンです。

もう少し水温が下がれば、型も良くなると思います。

是非出掛けましょう。

ロッド
  VIPイソ タイプⅡ
リール
  トーナメント磯3000SHLB
ライン
  PEG5+リーダーグランドマックス3号 5m
針 
  ボイルグレ8号
スポンサーサイト

2月11日月曜日 深海探索変更でビンチョウマグロ 山本

2月11日月曜日
志摩越賀「トロ丸」さんに乗ってジギングで
ビンチョウマグロを狙いに行って来ました。
今回は道連れのお客様は大嶋様。

本来の目的は深場探索でしたが、
二日前にビンチョウが喰いだしたと
船長から連絡があり、急遽ビンチョウ狙いからの中深海、
深海便に変更。

二日前の話では
5~9キロ位がメインに
船中14本でクーラーに入らず
早上がりだったそうで、
先ずはビンチョウマグロを狙って
それから深い所に行く予定で出船。

先ずは事前情報では
10キロないサイズがメインとの事で
ロジカル55#3にブルーヘブンL30、
スーパーファイヤーライン1.5号リーダー7号に
FB200gシルバーでアシストフックは
ジゲンハイパー5/0をダブル(自作)を
ジグの上と下に付けて落とす。

「水深100~80mに反応があります」と
船長からのアナウンス。
一投目、100mまで落として
ワンピッチのリフト&フォールを繰り返し
20m程上げてみるが、何もなし。
始めのフォール中に50m程の所で
潮目の様な違和感があった為、
一旦回収して再度落とし直し
40mからフォールスピードを遅くして
みると50m付近でアタリが出た完全に狙い通り。
こんなにうまくいって良いのだろうか(^.^)

船長も飛び出て来て写真を撮る。
山本3
ファイト中に写真を撮るとバレるから止めて!!
あれ?なかなか浮いてこないし、
残り20mでうっすら魚体が見える、
何だか聞いていたサイズと違うし...
ヤバイ!ヤバイ!舐めたタックルで「すみませ~ん」
と言ってるうちにプツンとリーダーが口で切れた感じ、
ああぁぁぁ、やらかした...(+_+)
やっぱりファイト中の写真は禁止にしてね。

その後何度かの流し直しで
同船者が前からヒット!ヒット!私を飛ばして
大嶋様もヒット!する。
一番目の方はラインブレイク、
大嶋様はギャフ掛け寸前で横に走り
リーダー切れ、残りは一人の方になってしまったが、
ゆっくりファイトしてもらってキャッチ成功!!
楽に20キロは超えてるサイズ!!
これはいかんと思い、タックル変更、
リールをファイヤーライン3号を入れている
ブルーヘブンL50HIに変更、ジグはラインを太くしたので
250gに変更して落とし直すが、しっくりこない、
ラインの抵抗でジグが動いている感じが全くしないので
またタックルチェンジ、
今度はロジカル60#9にファイヤーライン2.5号に
リーダー8号を組んだブルーヘブンL50PWで
スパイN250gシルバーを付けロングスライドからの
フォールを意識して、100~80mの反応を探って、
それから50~40mの反応までは高速ワンピッチで上がて
タナまで来たらロングスライドからのフォールを入れると
ボソッとしたアタリがでた。うまく行き過ぎです。
魚が小さいのかゴリゴリ巻ける、
調子に乗ってゴリゴリ巻いていると
「朝の事もあるので、少しドラグを緩めてください!」と
少し緩めると浮いてこなくなった、
あれ?ちょっと良いかなのかな?
ビンチョウマグロは初めてなので
サイズ感が全く分かりませんが、
ラインを太くしてゆとりのあるファイトが出来き
山本2
無事20キロ弱をキャッチ出来ました(*^^*)

周りにもたくさんの船がやって来て、
ドテラ流しでビンチョウマグロを狙っているので、
ムツ狙いで船をたてる事も出来ないので、
一日ビンチョウマグロ狙いに変更。
私はこの1本あれば十分なので、
キャビンで寝る事にして、横になって直ぐに
「喰った!喰った!!」と船長が叫ぶので外に出ると
大嶋様がファイトしてるじゃありませんか!
oosima2.jpg
出されては
oosima.jpg
巻いて
oosima3.jpg
ロッドはロジカル60#3、リールはブルーヘブンL120PW
ラインはスパーファイヤーライン2.5号、リーダー10号
スパイN250gシルバー、アシストフックはジゲンハイパー5/0(自作)
ジグとアシストフックは私が釣ったものをそのまま使用して
20キロ位のビンチョウマグロを無事にキャッチ!!
腹の中には15cm程のイワシと
溶け掛けのサンマが大量に入っていました。

二人共、仲良く2ヒット1キャッチで
帰りの車でどんよりする心配も無い!

山本
帰港後、私のクーラーは35Lで
想定外のサイズが釣れたので、
半身は船長に強制的に差し上げて、少しつまみ食い!
まだ早いかと思いましたが、なかなか美味しい!!
釣りたてホヤホヤでこの甘味!
寝かしたらどれだけ甘くなるのだろうか!
味の違いが比べられるのは釣り人の特権ですね!(^^)!

いつまで続くか分かりませんが、
今がチャンスです。お出かけ下さい。

追伸
ポイント移動中にプラグを流す引っ張りが可能な船では
タックルハウス「シブキV186ms」を流してみて下さい
sibuki.jpg
ビンチョウ狙いで実績が高いですよ。

2/9(土) ワカサギ釣り(スタッフ 臼井)

両親とワカサギ釣りへ行って来ました。

御世話になったのは諏訪湖の民宿みなとさん。

コースが2時間コース、1日コースがあります。

今回は1日コースにしました。

朝7時までに受け付けをし、帰りは12時半・1時半・2時半に迎えが来ます。

DSCN0009_convert_20190211111721.jpg

DSCN0010_convert_20190211111705.jpg

7時ころに受け付けを済まし、ボートでドーム船まで移動しました。

風が当り寒かったので移動の時は寒さ対策は万全にしておいた方が良さそうでした。

DSCN0013_convert_20190211111739.jpg

ドーム船の中は1m程の間隔で釣り場が作られてあり、暖房、お湯も有りました。

DSCN0014_convert_20190211111755.jpg

DSCN0021_convert_20190211111812.jpg

事前にみなとさんへ問い合わせをし、オススメの針のサイズを確認し2号・2.5号の6本針の仕掛けを使いました。

オモリは5号を使いました。

準備をして釣りを開始、6本針が多かったのか仕掛けが絡まってしまうことが多々ありました。

水深は4m前後、仕掛けを底に着けてしばらく待っているとアタリがすぐ出ました。

父親はエサ付けに苦戦していましたが、仕掛けのさばき方はすぐになれて何匹も釣っていました。

DSCN0018_convert_20190211111848.jpg

母親は仕掛けが絡むことが何度も有りましたが、しっかりと釣っていました。

DSCN0024_convert_20190211111922.jpg

私も初めエサ付けに苦労しましたが何とか釣り上げることが出来ました。

DSCN0029_convert_20190211111936.jpg

朝の早い時間に時合いが来たのかポンポンと釣れてきます。

釣れているからと言ってエサを付け替えないとすぐに釣れなくなってしまいました。

その後お昼近くになるとアタリがぱたりと止んでしまいました。

丁度お昼が届いたのでしばしお昼休憩です。

お昼を食べた後しばらくするとまた周りでも釣れ始めました。

私達も、もう一度エサを付け直し最後の時間に掛ける事にしました。

オモリをほんの少し浮かせて待っていると竿先が引っ張られるアタリがすぐ出ました。

すぐに合わせずに少し待ってから合わせると3,4匹同時に釣れることも有りました。

その後も調子よく釣っていき、1時半の迎えのボートで帰りました。

釣果は詳しくは数えていませんでしたが、3人で300匹以上でした。

DSCN0032_convert_20190211111950.jpg

全員ほぼ初心者でしたが、たくさん釣れて十分楽しむことが出来ました。

民宿みなとさんではレンタルタックルのサービスも有りましたので道具を持っていない方でも、ワカサギ釣りを楽しむことが出来ます。

初めてでもたくさん釣る事が出来ますで是非一度ワカサギ釣りへ出掛けてみて下さい。

2月10日(日) 調査釣行 (斉藤・江上)


新舞子マリンパークへ
調査釣行に行ってきました。
今回のテーマは
"ブラクリで足元を探る"
仕掛けの基本的な使い方で
狙ってみました。
裏ワザは一切なし、
気力と足でコツコツやってみます!
 
 
 
エサはアオイソメとイシゴカイ。
 
DSC08052_convert_20190213201514.jpg
 
 
 
人は少なく釣り易いですが、
比例して魚も少ない。
 
DSC08049_convert_20190213201430.jpg
 
 
 
丹念に狙うも
小さながアタリが一発。
乗りません。
  
DSC08051_2_convert_20190213201452.jpg
 
 
 
厳しい状況のなか釣り歩いていると、
一組のご家族でこられていた方に
出会いました。
その中にいた少年が凄かった!
 
 
 
ソフトルアーで狙っていたようで、
40cm程のクロダイを掛けました!
タモが無かった為、
惜しくも水面でバレてしまいましたが、
その後、メバルを釣っていました!
 
 
 
短時間ですが
魚を釣っているのを見たのは
この少年のみ。
私達スタッフは釣れず終いでした。
寒さを気にせず天真爛漫な姿に
魚も応えてくれたのかな!
 
 
 
帰りに大野漁港へ寄って来ました。
西側の突堤はまだ補修中で入れません。
ご注意ください。
 
DSC08053_convert_20190213201533.jpg

2/6(水) フグカットウ釣り(スタッフ 斉藤・臼井)

今回もフグのカットウ釣りへ行って来ました。

今回お世話になったのは片名港のおざき丸さん。

20190206_133710_convert_20190207142004.jpg

順番取りのために4時半頃片名港へ着きましたが、すでに3名順番待ちをしている方がいました。

一番の方は2時頃から待っていたそうです。

私は左舷後方、店長は右舷の中央付近という配置になりました。

それぞれお客様と一緒に二人ずつ並んで取りました。

当日は雨予報で、小雨が降るなか準備をしました。

20190206_053833_convert_20190207142059.jpg

20190206_060031_convert_20190207142810.jpg

20190206_062823_convert_20190207142022.jpg

6時半頃出船、思っていたほど寒くないの気温でした。

20190206_094636_convert_20190207142824.jpg

今回はあおやぎに加えてマルキューの特選むきエビをエサに使いました。

出船して20分程移動、最初のポイントへ到着しました。

釣りを開始しても時々アタリが有りますが、なかなか掛ける事が出来ず周の方も、稀に釣れるくらいでした。

始めは底に錘を付けてしゃくっていましたが、30cmほど浮かせて待っているとコツコツとアタリが有り、1匹釣れました。

エサはあおやぎよりもエビが先に取られました。

その後もアタリは感じますが泣けることが出来ず、ポイント移動になりました。

1か所目では、フグ2匹と外道のアイナメⅠ匹でした。

20分ほど移動し、2か所目へ着きました。

ここは根がキツく根掛かり多発ポイントでした。

根掛かりを恐れて少し仕掛けを浮かしましたが、全くアタリも無く仕方なく底に着けて5秒ごとにシャクているとたまたまなのか1匹釣る事が出来ました。

その後2匹釣れましたが、1匹は小さかったのでリリースしました。

アタリは感じましたがなかなか掛からない1日でした。

20190206_132440_convert_20190207142914.jpg
私の釣果です。

前回の2匹からは釣果を上げることが出来ました。

20190206_132445_convert_20190207143103.jpg
斉藤店長の釣果です。

店長も2匹小さいのをリリースしたそうです。

そのほかの御客様2人もそれぞれ釣果を出していました。

今回は厳しい釣果でしたが、一番釣れていた方は10匹以上釣れていました。

フグ釣りは3月まで続くそうです、是非一度出かけてみて下さい。
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR