3/22(水) ティップランエギング スタッフ菅ノ又

ここ最近和歌山県串本沖のレッドモンスターを狙いに行っていますが、しつこく今回も行って来ました串本に!!
今回は21日・22日の2日間の釣行予定でしたが、21日が悪天候の為22日のみの釣行となりました。
そして今回御世話になった船は、いつもお世話になっている悠真丸さんです。
出船確認をしたときに「波は多少ありますが、徐々に収まってくるから大丈夫です。」とのことでした。
釣行日の朝港でタックルの準備と着替えを終えて船に乗り込み、船長にここ最近の状況を聞いてみると厳しい状況が続いているとのことでした。

IMG_0437_convert_20170323102712.jpg
いつもお世話になっている悠真丸さん。
船長さんは、明るく優しく丁寧な対応をしてくれるので初心者の方や一人でも安心して釣りを楽しませてくれます。


IMG_0439_convert_20170323102758.jpg
今回同行していただいた、御客様の伊藤様船中ファーストヒット!!
イカの強烈な引きをたのしんでいます。

IMG_0441_convert_20170323102837.jpg
上がって来たのは2・5k程の雌のレッドちゃんですここ串本のアカイカタイプのアオリイカは長さより幅が広いのでぱっと見では、重量があるように見えませんがボリュームのあるイカが多いです。

IMG_0447_convert_20170323102916.jpg
終了間際私にも待望のヒット!!
この時ドラグの設定を甘くしていたので結構ラインを出されてしまいましたが、出船して7時間目にして初のヒット、慎重にもなりますが、ドラグを調整してやり取りをたのしみました。

IMG_0446_convert_20170323102950.jpg
何とか私も雌のレッドちゃんをゲットできました。
今回私が使ったタックル
ロッド:がまかつラグゼEGSP S60MH
リール:グローブライド(ダイワ)紅牙EX 2510RPE
この組み合わせはロッドのワンポイントのピンクとリールのワンポイントのピンクがとてもマッチしています。
機能も十分でロッドは100gまでのエギがシャクれて大型のイカの引きを受け止めるバットパワーを持っています。
リールは対大型にそなえて一回り大きいボディーサイズにギア比を低く設定してあるので、巻き上げが楽になっています。
流れが強いエリアや水深が深いエリアなどにお勧めです。

IMG_0444_convert_20170323103021.jpg
伊藤様と私のツーショットです、見てもわかりますが伊藤様の方がはるかに大きいですね。

イカも産卵期をむかえているせいか活性は高くないのが現状です。
船長が言うにはダイバーに聞いてみるとイカは結構いるとのことです。
産卵を意識していればエギや餌には反応しないのはしょうがないのですが、潮が変われば新しいイカが入って来る可能性があるのがこの時期です。
釣れない日が続いても突然釣れることがあるので難しいのですが、大物一発狙いでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
今年は5キロオーバーも出ています、皆さんもレッドモンスターを狙いに串本に行ってみませんか。
スポンサーサイト

3月17日(金) 磯釣り スタッフ光広

今シーズン最後の磯釣りに行って来ました。

今回もお客様のH田様と稲垣様の3人で釣行。
場所はいつもの古和浦「国丸渡船」、当日の磯割は5番。
H田様たちの希望で「ビシャゴ」の裏にあるハナレに渡礁しました。

マキエはボイルオキアミ3キロにアミエビを2個混ぜ合わせます。
私が最近お気に入っているマキエで、ボイルのまとまりが良くなり少し飛ばせて、尚且つ集魚力も増す組み合わせです。

北西風が強く、重めの仕掛けが必要かと感じましたが、とりあえずG2ウキを使用した遊動仕掛けでスタート。
仕掛けをなじませていくと2投目でアタリがありました。
アワセを入れますが予想外の高切れ。
仕掛けを作り直し、再び投入するとまたアタリ。
そして、また高切れ。
お客様の前でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。

タックルを全て変え、再開。
仕掛けを流して様子を見ながら、少しずつ流す位置をずらしたりして探っていきます。
足元も探ってみると、すぐにアタリがありました。
釣り上がったのは30cm程のグレでした。とりあえず本命が釣れて安心しました。

次の投入で再びアタリ。強い引きをこらえながら上がって来たのは
DSCF2718_convert_20170318103508.jpg
40cmのグレでした。久しぶりの40cm、最高でした。

稲垣様の釣り座が風をもろに受ける場所だったので、釣り座を譲り釣ってもらうことにしました。
釣り方も少しアドバイスさせていただき、見守っていると竿が曲がりました。
DSCF2721_convert_20170318104206.jpg
グレではない重い引きをこらえながら上げたのは45cmのチヌ。
腹がパンパンでキレイな魚体でした。

その後、私も釣りを再開しますが強く吹き付ける風に悩まされ、釣れない時間帯が続きました。
昼食を取り、少し休憩しリフレッシュ。

ラスト2時間、集中し直し再開。
数投すると3匹目のグレが釣れました。サイズは30cm。
いつか大型のグレが来ることを信じながら釣りを続けていると、根掛かりしてしまいました。

しかし、「グッ」という引き込みがあり魚だと判明。
最初はすんなり上がってきましたが、水面に近づくと抵抗をみせて強い引きをします。
DSCF2723_convert_20170318103955.jpg
H田様がタモ入れをしてくれた魚は、52cmのチヌ。
この魚も腹パンで重かったです。

14時半を迎え、港に帰港。
今シーズンの締めくくりに相応しい釣果に満足し、終了することが出来ました。
H田様、稲垣様ありがとうございました。

古和浦はこれから筏のチヌやアオリが絶好機。アクセスもよく、優しく丁寧な国丸渡船はオススメです。
是非行ってみて下さい。

3/16 イカメタル釣行 (スタッフ武田)

北陸のイカメタルへ行って来ました。
北西の風で波が有るので迷いましたが、
結局行く事にしました。
 
 
 
今回御世話になったのは
早瀬の新漁丸さん(080-8690-5017)
私は第2新漁丸、若船長の船で出船しました。
 
 
 
4時出港、45分程でポイント着。
磯近くの30m程のポイントにアンカーが入りました。
 
 
 
釣りを始めてすぐ明確なアタリが有り
良型のオスが上がりました。
 
P3160319_convert_20170317123105.jpg
 
 
 
しかし、それからが良く有りません。
次に釣れたのは8時過ぎ。
小さなマイカでした。
 
 
 
その後もポツポツしか上がらず、
トータル7ハイで終わりました。
 
P3170321_convert_20170317123119.jpg
 
イカサビキの方は、
エサ巻きスッテでボツボツ釣っていました。
また、深夜便は30パイ以上の方もいて
好調だった様です。
残り少ないシーズンですが、
もう少し楽しめそうです。
 
 
 
 
 
タックル
 
ロッド エメラルダスMX 610ULS-MT
リール イグジスト2510PE-H
ライン YGK WX-8 ロンフォート 0.3号
 
 
ロッド エメラルダスMX 610LB-MT
リール 紅牙ICS 103L
 
 
イカメタル メタリン 12号 15号
ドロッパー エメラルダス ライト 1.8号

3月14日(火)アコウダイ、キンメジギングへ 山本

3月14日(火)尾鷲早田から出船の「末廣丸」さんで
アコウダイ、キンメのジギングに出掛けて来ました。

少し前までの予報では出船出来ない感じでしたが
低気圧の通過が少し南になって奇跡的に出船

ここ最近船長もエサ釣りでアコウダイを
釣っているので期待を膨らませての出船

minna.jpg

港を出て西へ約1時間ポイントに到着
水深500m程からスタートする
先ずはアコウダイからと
ここで私にトラブル発生!

握っていた900gのジグが滑って
アシストフックが指にサクッと...
カエシまで入り込んだ((+_+))

幸いサーベルトリガーだったので
すんなり抜けて大事には至りませんでした(^-^;

気を取り直してジグを落とす
潮の様子を見る為に900gを落としたが
全く必要が無く次の流しでは700gに交換

次の流しでお客様の篠田様にアタリが
上がって来たのは深海の鮫...

船長は「今日は釣れそうな潮ですねぇ」と
プレッシャーを掛けてくる。

ところがドッコイ何も当たらない...
キンメのポイントに移動しても全く当たらず...

minn.jpg

14時頃まで頑張ってましたが
結局ドラマも無く終了しました...

丸坊主で
久しぶりに心が折れた釣行でしたが、
次回もここに来る予定です(^-^)

次回は何か釣れるといいなぁ...


3/1 イカメタル釣行(スタッフ武田)

北陸のヤリイカへ行って来ました。
今回御世話になったのは、
早瀬の新漁丸さん(080-8690-5017)。
 
 
 
出船予定は3時半なのですが、
早めの2時過ぎに到着しました。
 
 
 
受け付けを済ませ船長と話をすると
当日はイカメタルは私一人で、
釣座は左舷の舳に決まりました。
新漁丸は今日も満員でした。



3時半前に出船。
最初は25m~40mの磯周りで流し釣りです。
根掛かりが激しいので注意が必要です。
 
 
 
何度も打ち返して誘ってみるのですが、
この日は全くアタリ無し。
 
 
 
1時間半程やってみたのですが、
船中で数杯上がったのみでした。
 
 
 
第2ラウンドの夜釣りのポイントへ
20分程かけて場所移動。
アンカーが打たれます。
 
 
 
磯から離れている為、
風が通り抜け、船が振られます。
 
 
 
水深55m程、
期待を込めてスタートしますが、
ここでもアタリは遠く、
1杯目は30分以上たった頃、
良型のオスでした。
 
P3010316_convert_20170302165352.jpg
 
 
 
その後も状況は変わらず。
アタリは遠いままでした。
 
 
 
私は、あきらめて11時に納竿。
ヤリイカ5杯、マイカ1杯に終わりました。 
サビキの方は10杯以上の方もいらっしゃいました。
 
P3020318_convert_20170302165405.jpg
 
 
 
今回は悪かったのですが、
例年磯場の30m附近で数釣りが楽しめます。
次回に期待してまた釣行したいと思います。
 
 
 
 
 
 
タックル
 
スピニング
エメラルダスMX610ULS-MTIM
イグジスト2508PE
WX8 ロンフォート0.3号
リーダー GM 2.5号
 
 
ベイト
エメラルダスMX610LB-MTIM
バルケッタCI4 200HG
 
 
イカメタル メタリン 15号
ドロッパー デュエル イージースリム80mm
プロフィール

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR