9月21日(木) サーフフィッシング スタッフ光広

9月も後半になり、暑さも和らいだので久しぶりに渥美半島へヒラメ狙いに行って来ました。

今回のポイントは、渥美半島の先端近くにある「日出の石門」で釣りをすることにしました。
DSCF2805_convert_20170923102046.jpg
投げ釣りをされている方が多く、写真の岩礁が所々見えるエリアが空いていたのでここからスタートすることにしました。
この日は6時半ごろが満潮。
潮位は高いですが、水深はそれほど深くなさそうだったのでシマノ「サイレントアサシン129S」をキャスト。
すると、1投目でいきなりヒット‼
着水直後のヒットで驚きつつ、慎重に寄せてきますがあと少しのところで痛恨のフックアウト。
たぶんシーバスだと思います…

気を取り直して、キャストを続けますが沈黙が続きます。
2時間ほど岩礁のエリアで粘りますが休憩を挟んで移動を決断。
投げ釣りをされている方の居ない所をランガンします。

しばらくキャストを繰り返していると、突然プチボイルが発生‼
あいにくトップウォータープラグは持ち合わせていなかったため、早巻きできるヘビーシンキングミノーを投入。
すると一発でヒット‼
DSCF2810_convert_20170923102134.jpg
大きくはありませんが、ハマチが釣れました。

ヒットルアーはジャクソン「EZピンテール」?だったと思います。
DSCF2807_convert_20170923102114.jpg
近くでキャスティングサビキを投げていた方が教えてくれましたが、ちょうどこのルアーくらいのカタクチが打ち上げられたそうです。

その後、また沈黙が続き1時間後に手のひらサイズのソゲが釣れました。
DSCF2812_convert_20170923102249.jpg
3倍ぐらいのサイズになって帰って来いよ‼って感じでリリース。
干潮の時間帯になったので、この魚を最後に終了しました。

帰りに伊良湖港へ立ち寄りランチ。
DSCF2811_convert_20170923102225.jpg
「伊良湖ラーメン 塩」を食べてみました。あっさりスープで好きな味でした。
ただ厚切りチャーシューだったので、醤油味のほうが良かったかもしれません。

最後に今後の見通しですが、これから徐々にベイトも岸近くに寄ってきてヒラメやシーバス、青物が面白くなってきます。
これからが本格シーズンのサーフへ皆様も是非行ってみてください‼





スポンサーサイト

9月19日(火) タテ釣り&イカ釣行(スタッフ井上)

今回の釣行は、福井県茱崎漁港の「まるいち」さんへ

御客様の大塚様、加藤様と私の3人で午前便のタテ釣りと半夜便のイカメタルへ行きました。

当日の午前3時にお店集合で、ゆっくり高速道路の賤ヶ岳サービスエリアで休憩をしつつ、

船の駐車場へは、午前5時30分くらいに着きました。

ゆっくり準備をしつつ、船長さんの合図で釣り座を決め

午前6時に出船しました。

ポイントに到着後、船長さんにアドバイスを頂きながら

中層で餌を付け、大物を狙います。

メインで使う仕掛けは、ハリス6号~12号で

オモリも60号、80号、100号と3種類用意して行きました。

まずは、ハリス10号でオモリ80号でスタートしました。

途中、カタクチイワシのベイトになると途端に付きが悪く

仕掛けに小魚を掛ける事が難しい時間帯もあり、

さらに、終始潮の流れが速く仕掛けが流れるので船長さんの合図とともに

仕掛けを投入しないと間に合わない様子でした。

しかし、船釣り大ベテランの大塚様、加藤様はそんな不安を一掃してくれました。

写真は、船からではないですが、

大塚様が、船中ファーストヒットでマダカを釣り、

その少し後に、太ったワラサを追加して2本一緒に撮らせて頂きました。

DSCN1387_convert_20170921174011.jpg

加藤様は、良型のヒラメとマハタの美味しい御土産2本を撮られて頂きました。

御二人ともタテ釣り初挑戦でこの釣果おめでとうございます!

DSCN1381_convert_20170921173951.jpg

その他にもキジハタやカサゴ等も釣り上がり午前11時40分に

沖上がりをして午後0時頃帰港しました。

その後の、半夜便は午後5時集合までは自由時間です。

まず、近くのお風呂へ行こうと思いましたが定休日でやっていませんでした。

すぐに、検索すると1件だけ営業しているところが有りホット一安心。

そこへ向かいました。

幸い、温泉の向かいのお店が定食屋さんでお風呂と食事を

移動することなく済ませることが出来良かったです。

午後5時頃、港に着くと次はイカ釣りの準備です。

タックルボックスの中身を整理しながら、

準備をしていると、昼便はティップランエギングをしていた

「まるいち」さんが戻って来ました。

入れ替わりで、イカメタル便へ午後6時出船です。

ポイント到着後すぐアタリが有るかなと淡い期待は崩れ、

居付きのイカは居ないようでアタリは有りませんでした。

潮は、タテ釣りの時と同じく速く、

15号の鉛スッテが凄い勢いで斜めになっていきます。

それでも、集魚灯が灯り効き始めると、

底付近でアタリが出始めました。

加藤様、潮が速い中、マイカの小さいアタリも逃さずヒット!

おめでとうございます!!!

DSCN1372_convert_20170921173852.jpg

大塚様も真ん丸の美味しいマイカをゲット!

おめでとうございます!!!

イカ釣りの時は、サゴシが中層に群れを作っていて

探見丸を見ると赤い帯になって見えるを

狙い撃ちすると、逆にこちらの仕掛けを狙い撃ちされます。

あまり、激しく誘わずサゴシに切られないように願いながら

仕掛けを底まで落とし、底で2回~3回シャクリを入れて

じっと、待っているとアタリが有る事が多かったです。

DSCN1373_convert_20170921173909.jpg

そして、加藤様はサゴシをかわしマイカを

ダブルで何回も掛けてらっしゃいました。

おめでとうございます!!!

DSCN1375_convert_20170921173923.jpg

横目で見ていて羨ましかったです。

大塚様も、サゴシのかわし今日一番の良型マイカをゲット!!

おめでとうございます!!!

DSCN1378_convert_20170921173937.jpg

船長さんの合図で、ポイント1度変わり2か所目のポイントへ行くと

さっきまでの潮の速さが嘘のようにゆっくりとした流れになりました。

私は、移動後あまり釣れなくなってしまいましたが、

御二人は、釣ってらっしゃいました。

移動後は、底から少し上げたところにイカが居たようで

こちらでも、あまり動かさず

じっと待っているとアタリが有ったそうです。

イカ釣りも楽しく時間が過ぎて行き午後11時に沖上がり。

そのまま、名古屋へ帰らずビジネスホテルへ1泊してゆっくり寝て帰りました。

これからは、イカメタルだけでなくタテ釣りやティップランエギングも

「まるいち」さんではやっています。

是非、行ってみて下さい。

当日のタックル
 タテ釣り
  竿:ダイワ・マッドバイパー落とし込み MH-245
  リール:ダイワ・シーボーグ300MJ
  道糸:よつあみ・ヴェラガスPEX8 4号-300m
  先糸:モーリス・バリバスショックリーダー 70lb
  仕掛け:ハヤブサ・マルフジ タテ釣り仕掛け ハリス6号~12号

 イカメタル
  竿:ダイワ・ソルティストSQ AGS 70LB-SMT
  リール:シマノ・バルケッタ 200HG
  道糸:ダイワ・エメラルダスLD 0.4号-200m
  先糸:サンライン・ブラックストリーム 2号

9月10日(日) 調査釣行 (スタッフ菅ノ又・井上)

今回の調査釣行は、知多半島豊浜漁港と師崎漁港へ夜釣りへ行きました。

まずは、豊浜漁港にある釣り桟橋へ午後9時過ぎに到着しました。

DSCN1364_convert_20170914183219.jpg

釣り桟橋には、ルールがあります。

しっかり守って楽しい釣りをしましょう。

DSCN1363_convert_20170914183159.jpg

私たちも、準備が出来たところで釣りを始めます。

エギングと電気ウキでタチウオ狙いです。

しかし、エギングと電気ウキをしている竿にも反応が有りません。

そこで、桟橋で釣りをしている方に聞いてみました。

1人目の方は、午後6時くらいから来ていて、

私たちと同じく電気ウキでタチウオを狙っている方が

みえましたので聞いてみるとアタリが無いの事です。

続いて2人目の方は、午後8時頃からルアーでタチウオを狙っていたようで、

釣り始めてすぐにアタリが有ったそうですが切られてしまったそうです。

そして、3人目の方はサビキ釣りをしていました。

午後9時頃から釣りをして、釣果を見せて頂くと

バケツにアジが入っていました。

写真を撮らせて頂きその間にも1匹釣ってらっいました。

DSCN1366_convert_20170914183242.jpg

釣り桟橋には沢山釣り人が居ましたがその方だけ

アジをポンポンと上げてらっしゃいました。

豊浜漁港は、タチウオ釣りも良いですが、

夜釣りのサビキ釣りもオススメです。

そして、2か所目の師崎漁港へ移動しました。

こちらのポイントでは、市場の脇の突堤で

エギングと電気ウキの根魚狙いでやりました。

仕掛けを準備して少し経ったところで、

電気ウキ仕掛けの方にアタリが有り、

餌の長さを長くしたり、短くしたりしましたが、

餌がかじられるだけで終わってしまいました。

師崎は、魚のアタリを感じるのみとなってしまいました。

今回は、豊浜漁港がサビキ釣りで投げずに足元に

仕掛けを落としてアジが釣れていました。

是非、やってみて下さい。

しかし、夜釣りになるので安全には十分注意して釣りをしてください。

輪島のデカマハタは何処に? 山本

9月11日(月)
輪島「凪紗丸」さんへお客様3名と
ジギングに出掛けて来ました。

朝4:30集合
荷物を積み込み準備をしていると
私は持っていたジグを手を滑らせて
そのまま船の水抜き穴から海の中へ...
いきなりテンションの下がる一撃からスタート

今回は七ツ島の遥沖合を流す。
開始早々鈴木様にヒット
青物かと思っていましたが真鯛でした。
ヒットジグはFB200gトマトゴールド
その後もFB200gNSチューンレッドゼブラで
真鯛を釣り上げた。
suzuki.jpg
写真を撮り忘れで港で撮りました。

次に近藤様もCX250gレッドゼブラで
真鯛を釣り上げた。
konndou_20170913211811bef.jpg

その後はアタリが遠くなって
沈黙に時間が流れる
今日はダメかと思っていると
岩原様にヒット、大きなマハタの
感じでしたがスッポ抜けが
直ぐに違うマハタが掛かりキャッチ
FB200gNSチューンレッドオールオーバーでした。
iwahara.jpg

それからまた沈黙になり
私はいつもの様に睡魔に襲われ
しばし横になっていると

「喰った喰った!」と
近藤様が叫ぶ

冷やかしながら様子を見守り
上がって来たのは
8kgクラスのヒラマサでした。
マハタではなかったが
初ヒラマサおめでとうございます!
CX250gマルハンオリカラの
オモテピンクウラグローで
釣り上げて頂きました。
konndou2.jpg

同じタイミングで岩原様は2本目の
マハタを釣り上げた。
お見事です。
iwahawa2.jpg

この後
沖メバルやタヌキメバル
チダイは釣れるが
デッカイマハタのコンタクトは無く、
私は何の見せ場も無く
終了となりました(T_T)
また来月に持ち越しです。

凪紗丸さんは只今底物バトルを開催中で
マルハンも微力ながら協賛をさせて頂いています。
皆さん参加してみてください。

9月7日・8日 輪島スロージギング釣行(菅ノ又)

今回は私の好きなエリアの石川県輪島に行ってきました。
ターゲットはマハタ・キジハタなどの根魚をスロージギングで2日間狙う釣行です。
今回お世話になった船宿は凪紗丸さんです。
私が輪島に釣りに行くときによく使う船宿さんです。
IMG_0781_convert_20170910114621.jpg
今回の釣行にお付き合いしていただいたお客さ様の篠田様・伊藤様・山口様・田中様と私の5名での釣行です。
釣行初日は私たち5名だけの釣行でした。
天候は雨で天候はあまりよくない状況ですが、出船の時の海上は穏やかでした。
朝4時半港集合で5時には、港を出てポイントに向かいました。
ポイントまでは1時間弱かかるとのこで、ポイントに着くまで仮眠して向かいました。
ポイントに着くと雨は港より強く降っていましたが、風もなく凪で問題なく釣りはできる状況です。
船頭さんのから釣り開始の合図がでて釣り開始です、狙うターゲットはマハタなのでラインはPEラインの3号リーダーはフロロカーボンラインの14号を3m程でスローピッチジャーク用のメタルジグの250g(ディープライナーのスロースキップFB)をチョイスしてスタート。
IMG_0791_convert_20170910111544.jpg
開始早々伊藤様にヒット、すぐ山口様もヒットと二人同時にヒットと幸先好釣の予感。
伊藤様に良型のヒラメで山口様は小型ですが、マハタをゲットされました。
IMG_0788_convert_20170910111320.jpg
私も気合を入れてロッドをシャクっても空回り状態でなかなかわたしの所には来てくれません。
ジグのサイズや種類を変えても反応がない私ですが,隣で竿を出していた田中様は違いました。
しっかりと本命のマハタをゲットしていました。
まあ年に数回しかジギングに行かない私と違い経験値と釣行回数の数の違いが出るは当然ですが、さすがです。
IMG_0789_convert_20170910111405.jpg
凄い勢いで伊藤様の竿が曲がりラインが出ていたので本命の良型のマハタと思いきや上がって来たのはヒラマサでした。
流石海のスプリンターと呼ばれる魚ですスピードとパワフルな引きはたまりません。
初日の釣は雨天でしたが、魚の反応も良く楽しいいちにちでしたが、翌日は昨日と違い魚の反応も薄く厳しい状況でしたが、唯一篠田様がキジハタを爆釣させていました。(釣っている写真がなくてすみません)
IMG_0784_convert_20170910111903.jpg
IMG_0786_convert_20170910111931.jpg
IMG_0787_convert_20170910112000.jpg
今回の釣果です、高級魚のオンパレードです。
今シーズンはまだ良型のマハタは上がっておらずまだ早いとのことです。
ですが、魚種は豊富で数も多く釣れるのがこの季節の輪島の魅力です、マハタのシーズンインは今からです。
プチ遠征になりますが、行くだけの価値はあるエリアですのでマハタを狙いに行ってみませんか。

プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR