FC2ブログ

1/16 日間賀島【竹見丸】カットウフグ釣り 斉藤

今年の初釣りは日間賀島の【竹見丸】さんのカットウフグ釣り🎣

昨年11月から5回目のカットウフグですがなかなか納得の行く釣りができずにもやもや☁️
仕立て船なので人数も少なく釣り易く数も釣れるのですが、それだけに当たりの合わせ損ないが悔しくてひとりで「キーッ」とうなるとことしばしば😅

片名港を6:30出船、日間賀島まではのんびり走って15分くらい。
今日は席決めジャンケンに負けて残った釣り座は右舷とも。
潮は10:30満潮なので後半勝負です。

移動中に仕掛けのセッティングをしますが、まだ辺りは暗く老眼が進んだ目ではガイドの糸通しもままならず😅
サボらず家で通してくれば良かったと朝から反省。
船長が付けてくれたライトの下で何とかセッティング完了。

1流し、2流しは全く反応無し。
3流し目で同乗の堀さんにヒット❗️
202001171145392df.jpg

今日も釣れる事が分かってホッ
それでも当たりは散発で、当たりが有ってもなかなか掛ける事ができず「キーッ」

9時過ぎにトイレに来た堀さんに「何匹?」と
お互い7匹で、なんとなく安心😅

潮止まりが近づき当たりが増えてきました。
確変とまでは行きませんが2連ちゃんが何度か有り数を伸ばす事が出来ました。

下げ潮が効きだすと当たりがまた減ってしまい、誘って誘って止めの繰り返しで餌をアピール。
ポツポツと釣れて終わってみれば25匹。
20200117114704853.jpg

20200117114717171.jpg

活性の高い大物800グラムクラスは餌針にガッチリ食って来ました。
やはり水温が下がって体力の無い小型は動きが鈍くなったのでしょうか?

釣りが終わって日間賀島へ寄りフグの内臓と皮の処理を船長と女将さんにしてもらいました。
お腹の中は白子と真子、肝がパンパン❗️❗️
「これが食べられたらなー」とみな口々に(笑
20200117114937186.jpg


20200117114952bd4.jpg


20200117115002b44.jpg

これで僕の今シーズンのカットウフグ釣りは終了の予定ですが、まだまだシーズンは続きますので是非チャレンジしてみて下さい。

仕掛けはヤマワ産業のカットウ仕掛けがオモリのロスが少なく使い易いですよー✨
釣具屋としてはちょっと売り上げが(笑
イカリの予備は沢山用意してくだい。
針先が甘くなったり、つぶれた針では掛け損ない多発ですよー
今回僕は根掛かりで切ったのも含めると35本くらい使いました。

使用タックル
竿:ダイワ メタリアカットウ H142とHH142
僕的にはHHが好みです、
リール:ダイワ アルファス
シマノ ステファーノ
ライン:シマノ タナトル2号
リーダー:6号1.5m

スポンサーサイト



茅ヶ崎港「沖右エ門丸」のキハダ釣り  斉藤

10/2
今年3回目のキハダチャレンジ、お客様5名と行って来ました。
東名高速の集中工事が始まっているので時間に余裕をもって
10/1の19:15にマルハンを出発しましたが渋滞は無く沖右エ門の事務所前に23:40到着。
出船予定の札が3つ立っていましたが既にどの札の前にも8~10名程の名前が書かれたクーラーボックスが置いてありました。
僕らは先客10名の5号船に決めました。
60~80リッターのクーラーボックスを店の前の邪魔にならないところに降ろして駐車場で仮眠。
この駐車場は10台くらいしか停められないのでここがいっぱいの時は砂浜の方の駐車場が開くまで(朝4時開門)待つことになります。
DSC_1290_convert_20191003164857.jpg

4:30ちょっと遅れて開店、受け付け開始。
先着順に釣り座を選んでいきます。
11番目からの僕らは右舷、左舷のともから3番~5番を選んでジャンケンで席決め。
僕は右舷ともから3番になりました。

6:00出船。
DSC_1291_(1)_convert_20191003164943.jpg

1時間ほど走って投入の合図。
DSC_1296_(2)_convert_20191003165003.jpg

棚は20~40の指示でした。
カツオを釣りたい人は20m、キハダの人は40mですが全員40mまで落としたとのことで船長からやり直しのアナウンス。
みんなキハダが釣りたいんですね。
その後はキハダの棚のみアナウンスされました。

9時頃右舷おおともの方にヒット!
よくHPに出てる方で今期19本目との事(驚!
ビーストマスター6000で手慣れたやり取り、上がったのは30kgオーバーのまん丸キハダ。
取り込みの最後、ハリスを掴んだところで電気ショッカー投入でした。
ハリスを手繰るリスクが減っていいですね、サメ避けにもなるのかな?

1時間程して左舷とも2番の方にヒット!
こちらの方もビーストマスター6000、2年ぶりのキハダで喜んでいました。
これも30kgオーバー

その後は反応は有るのですがヒットせず、まったりとした時間が流れました。
船長からは時々反応でたよっとアナウンスがあります。

12時を回って僕はモグモグタイム。
サラダ巻きを食べながら左舷の様子を見て自分の釣り座へ戻ると右舷とも2番の人の竿にアタリが
本人はよそ見していたので「当たってるよ」と教えてあげました。
この方はシーボーグ800MJでした。
大きなマグロリングにサメ避けの長いリボン付き(ネットでは見た事有りましたが現物を使う方は初めて見ました。通称エチゼンクラゲ)
さらに船長が「海園」というサメ避けアイテムも貸してくれて、取り込みは電気ショッカーと今の相模湾のトレンド総動員でした。

その後14時までコマセを振り続けましたがアタリ無く終了となりました。
船長からは何度も反応来たよーとアナウンスは有りましたのでまだまだキハダは沢山残ってそうです。

釣った人の仕掛けは8~10m位と長めでした。
おお流しの待ちの釣りではキハダがなかなか船の下まで入って来ないので長ハリスが有利です。
長さは船長に確認して下さい。
おととし僕が庄三郎で釣った時は12mでした。(船長の許可有り)

さらに釣った方は蛍ムラ玉の4号くらいが入ってました。
1人の方はさらに蛍ムラパイプも3cmくらいハリスに被せていました。
やはり蛍光ムラサキは効果有りですね。
僕も付けようとBOXを探ったのですが前回で使い切ったようで有りませんでした...

次がラストチャレンジです。
何とか1本釣りたいです。

事務所にて
DSC_1297_(2)_convert_20191003165027.jpg

銭洲プチ遠征  スタッフ斉藤

9月21日
御客様4名と伊豆手石港の【忠兵衛丸】さんで銭洲へ行って来ました。
午前2時30分港を出発6時40分エンジンがスローになり表に出ると
ネープルスの前でした。

過去に何度も銭洲釣行を企画しましたがことごとく中止になっていました。
シケはもちろん、天気は良いのに銭洲の潮が速すぎて釣りにならないから中止とか
出船OKの確認後に港の上流で大雨が降って港がゴミだらけになって船が出せないとか...
20年掛けてやっと来ることが出来ました(笑)

まずはエサのムロアジ釣りから。
仕掛けは天秤に60号オモリ、サブマリンカゴ、チビムロサビキや太ハリスサビキ等。
仕掛けの馴染みを早くする為にサビキの先に3~5号のナスオモリをセット。
7時釣り開始、棚は5mから。
まもなく20~23cmほどのムロアジが掛かり出しましたがことごとく海面でバレてしまいます(泣
コマセが効いてくると海面にイスズミが沸いてその下にムロアジの群れ。
こうなると釣り易くなります。
リールからはラインを出さずにまるでのべ竿のように竿の長さだけで釣ります。

20匹ほど釣れた所で泳がせポイントに移動。
取り込みにてまっどった方は10匹ほどと差が出てしまいました。
DSC_1289_convert_20190922182255.jpg
ネープルスから少し離れたポイントで泳がせ釣りスタート。
水深は40mほど。
DSC_1288_convert_20190922171402.jpg
このころから潮が速くなり出し1.7ノット。
左舷側で4kgほどのカンパチが取り込まれましたが単発で後が続きません...
僕らの仲間はハガツオと小カンパチのみ。
DSC_1292_convert_20190922171446_20190922172150ac0.jpg
DSC_1295_convert_20190922171548_20190922172149b0e.jpg

ムロアジは元気に暴れてくれるのですがカンパチからの反応は無く時間が流れ
さらに潮も速くなり、痛恨の着底即根掛かりをやってしまいPEからの高切れ(涙

船長は少しでも潮が緩く可能性のあるポイントをとネープルスの影に船を操船。
泳がせを諦めた方は五目釣りでシマアジやウメイロを釣っていました。
デッドベイトで根魚でもとやってみましたが身だけ喰われて針掛かりせず、きっとフグか何かでしょう。

12時40分の沖上がりまで頑張りましたがノーフィッシュ...
初の銭洲は厳しかった。

帰りの船は波で叩かれよく揺れましたが忠兵衛丸のベッドは大きくて快適
港までゆっくり寝られて帰りの運転も楽々でした。

来年7月か8月のリベンジを誓って解散となりました。

10月は2日の茅ヶ崎【沖右エ門丸】でのキハダ狙いと、14日は同じく【忠兵衛丸】で大島のクロマグロ釣りに行きます。
さらに博打のような釣りですが誰か1本釣れればいいかなと。
また報告します。

九月二日 日曜日  平谷湖もろこし祭り スタッフ遠藤 (鈴木さん・マグナム高田さん)

DSCF4681_convert_20180907155452.jpg
平谷湖で毎年行われている「もろこしカップ」に出て来ました!
初心者さんから常連さんまで3人1チームで参加する大会です。
今回は釣りニュースの鈴木さんと、ディスプラウトのマグナム高田さんに声をかけて
参加させていただきました!残念ながらもろこしカップはいい場所を取れず上位にはいけませんでした。
DSCF4678_convert_20180907155655_2018090716280517b.jpg
もろこしカップの後は トウモロコシを焼いてもらい、いただきました。
写真は撮れませんでしたが生まれて初めてあんなに甘い焼きトウモロコシを食べました。
そのあとは高田さんに釣りをレクチャーしてもらい、午後はなんとか坊主逃れ。
なかなか渋い一日でした。
DSCF4679_convert_20180907163923.jpg
もろこし祭りにはもう一つのイベントがありました!金魚すくい大会です!
金魚すくいは得意だったのでチャレンジしてきました!
DSCF4684_convert_20180907163212.jpg
34匹で優勝いただきました(笑)
DSCF4682_convert_20180907155838.jpg
今回は大会や金魚すくい、トウモロコシを食べるなどで
なかなか写真が撮れませんでした。
また次回リベンジで行ったときは
当たりルアーなどを調べて書きます(^▽^)


8月22日 水曜日 鮎の友釣り スタッフ遠藤 社長 倉本くん

今回初めての挑戦で鮎の友釣りに行って来ました!
場所は愛知県の巴川というところです!
目的地付近で、まずはどういうところに鮎がいるかを観察しました。
ある程度石に付いている鮎を発見したところで
姫というおとり屋さんに向かいます。
DSCF4637_convert_20180825133444.jpg
おとりは自分で選ぶことが出来るみたいです。
ただ、初めてなのでどの鮎が良いのかは今一よく分からなかったので元気なおとりを選びました!
DSCF4638_convert_20180825133508.jpg
川に着くとまずはじめに水の温度を合わせる作業から始めます。
友カンに手で水を入れていき、満タンになると半分捨ててまた繰り返します。
DSCF4642_convert_20180825133729.jpg
七時半過ぎに釣りを始めました。初めての魚はカマツカでした(笑)
オトリを行きたいところに行かせることや
目印を動かさない様にすることなど
なかなか我慢が大切なんだなと思いました((´・ω・`;))
DSCF4639_convert_20180825133531.jpg
もう一人、友釣り初挑戦の倉本君も釣りを始めます。
すぐに鮎が掛かっていました!なかなかのサイズで羨ましかったです(笑)
DSCF4640_convert_20180825133602.jpg
その後、私にも鮎が掛かりました!一匹目の鮎は10センチほど。
すぐに二匹目も掛かったのでサイズの良かった二匹目を載せておきます!
鮎の写真は撮るのが難しく頭が隠れてしまいました(;^ω^)
DSCF4641_convert_20180825133639.jpg
午前の釣りを終えてお昼ご飯。急いで食べてすぐ川に戻りました。
午後は教えてもらったことがうまくできず二匹のみ。
こんどはじっとしていようと思います(笑)
三時半ごろ川から上がり、かたずけをして終了。
DSCF4644_convert_20180825133759.jpg
三人でおとりも合わせて28ひきでした!
実は三匹ほど友舟から逃げられてしまいました。。。
DSCF4648_convert_20180825133824.jpg
次の日、鮎は親に甘露煮にしてもらいました。
とてもおいしかったです!この時期にあと一回は行きたいです(^▽^)/
DSCF4650_convert_20180825133842.jpg
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR