10月11日 サーフフィッシング スタッフ光広

前回に引き続き、渥美半島のサーフへヒラメ狙いで行って来ました‼

最初に入ったポイントは六連海岸。
DSCF2813_convert_20171013104228.jpg
この日は波がそこそこ高く、サーファーがいっぱい居ました。
サーファーの居ない所まで移動し、キャストしますがウネリと強烈な横流れで釣りにくい状況でした。
2時間ほどランガンし、探りますがノーヒット。ポイントを移動します。

次に入ったポイントは赤羽根港から少し西にある海岸。
DSCF2814_convert_20171013104247.jpg
ここは波がある上に手前は濁りが酷く、釣れそうな状況ではなかったので1時間程で諦めました。

外海に面する所はどこも難しいかもと思いながら車を走らせて、前回行った石門を見てみると釣りは出来そうな感じ。
DSCF2815_convert_20171013104308.jpg
波も高くなく、濁りも無かったのでここで粘ることにしました。

歩きながら、東側の堀切方面へランガンします。
しかし、全く反応無し。ベイトも見えず、ナブラや鳥山も立たない寂しい海でした。
結局、15時頃まで粘りましたがノーフィッシュ。

汗もかいたので、帰りに豊川のスーパー銭湯に寄ってゆっくり帰りました。
今回はダメでしたがサーフでの釣果もいろいろ耳にするようになってきたので、近いうちに必ずリベンジ釣行したいと思います。


スポンサーサイト

イカメタル釣行 (スタッフ武田)

北陸のイカメタルへ行ってきました。
9月中は天候不良等で釣行出来ず。
久々の釣行です。
 
 
 
今回御世話になったのは、
早瀬の新漁丸さん。(080-8690-5017)
 
 
 
4時前に受付けを済ませ、
席決めの抽選を行います。
 
 
 
抽選の結果、
私は左舷の一番前に決まりました。
 
 
 
海況は、無風ベタ凪です。
気温も高く10月とは思えない程暑い日でした。
 
 
 
4時半出船。5時半ポイント着。
パラシュートアンカーが入りました。
日も短くなり6時にライトが点きました。
 
 
 
船長の指示棚は、25mよりボトム迄、
いろいろ探って下さいとの事でした。
 
 
 
6時過ぎライトが点いてすぐ
35mでアタリが有りましたが、
大きなスルメでした。
その後は全くアタリ無し。
 
 
 

マイカの1パイ目は、9時過ぎでした。
カワイイアベレージサイズでした。
 
 
 
船中ボチボチ上がり出しますが、
サゴシが出て来て一服。
 
PA100380_convert_20171011105458.jpg
 
 
 
早めに滅灯して、
再び上がり始めますが、
ペースが伸びずに終わってしまいました。
 
 
 
トータル11パイで終了。
厳しい結果でした。
サゴシが少なくなれば、
まだまだイケるとおもいます。
次回に期待です。
 
PA110383_convert_20171011105521.jpg
 
 
 
 
 
 
ロッド エメラルダスMX 610B-MTIM
リール グラップラーCT 151HG
ライン クレハ ステルス 0.6
スッテ タングスッテ 15号

豊丘漁港調査釣行 (斉藤・江上)


小さめの港に釣り人は、
私達を含めて7人。
のんびり釣りが出来そうです。
 
DSC07577_convert_20171008114748.jpg
 
 
 
サビキ釣りを外向きに
やりたかったのですが、
一番沖に出た南堤防は
テトラが入っておりました。
 
 
 
投げれば可能ですが、
用意したのは足元用。
ちょっと試みましたが
5mの竿でテトラの向こうに
ギリギリ落とせたものの、
やはり根掛かり多発。
突堤の先端はテトラが入っておりませんが、
先行の方がいらっしゃいましたので断念。
 
DSC07579_convert_20171008114803.jpg
 
 
 
少し内側ですが、
空いていた中提の先端へ
移動をしました。
 
 
 
とりあえずオーソドックスな
ピンクのサビキでスタート!
 
DSC07582_convert_20171008115828.jpg
 
 
 
水深2m程で、直着底。
竿を上げて誘いを入れると
2、3本、鈎が水面から出ます。
ここも油断をすると根掛かりします。
 
 
 
数投するも反応なし。
情報を基にここに来た訳でもなく、
やはり何も回っていないか。
 
 
 
と思っていましたら。
アタリあり!
が…
ポロッと落ちてしまいました。
 
 
 
偶然の一匹だったかな。
さらに数投。
 
 
 
今度は釣れました!
ウルメイワシ!
 
DSC07581_convert_20171008114819.jpg
 
 
 
その後も単発ですが、
3投に1回ぐらいのペースで釣れました!
 
 
 
その他イシゴカイをエサに
チョイ投げではタケノコメバルが釣れ。 
北堤で投げ釣りをされていた方は、
チャリコやキスを上げていました!
 
 
 
小さな漁港ですが、
狙い方次第で色々な魚が釣れます!
 
 
 
道中立寄った古布のサーフでは、
キスが釣れていました!
 
IMAG1224_convert_20171008114730.jpg

10/4(水) ティップランエギング 武田・菅ノ又

秋のアオリイカシーズンインといううことで今回は三重県紀伊長島道瀬港出船の久勝丸さんにティップランでアオリイカを狙いに行って来ました。
天候は晴れ、北西の風波は1mは無い位の好条件と思いますが風が強く風速10m以上の暴風の中の釣りとなりました。
IMG_0817_convert_20171005103636.jpg
10月より船が新しくなりました。
前の船と比べ大きくなって安定性がUPして多少の波でもつり釣りやすくなりました。

多少の風であればティップランに丁度良く釣り易いのですが、爆風となると船の流れるスピードが速くなるのと風で繊細な穂先がぶれてアタリががとれ無くなってしまいます。
風裏に入ってみると船は流れず少し風裏からズレると風が巻き込み釣り辛くなってしまいます。
多少釣り辛いのですが、暴風を浴びながら釣りをすることになりました。
こんな状況の時は通常より重いマスクシンカーを装着して穂先のブレを無くしイカのアタリをだすようにします。
ノーマルの餌木に10gのシンカーを装着するところを25gや30g装着することによって穂先を安定させます。
通常より重くなるわけですからシャクル時竿に負担がかかりますが、アタリが取れなければ釣りにならないので、しょうがありません。
シンカーを重くして穂先のブレを抑えるこによってイカのアタリが取れようになりました。
この悪条件なかなんとかイカをキャッチすることができました。
私と同行された武田さんもマスクシンカーのウェイトを色々変えてイカをキャッチしていました。
暴風は収まることなく納竿の時間となってしまい釣果をのばすことができず終了となりました。
IMG_0819_convert_20171005103734.jpg
今回は風速10m以上の暴風の中の釣りとなりましたが、ティップランのシーズンは入ったばかりです。
これから数・型が狙えるのでまたチャレンジしていきます。

10月2日 伊良湖沖へ 山本

10月2日伊良湖沖ジギングへ
篠島「正将丸」さんで行って来ました。

6:00集合の朝から風が強く
今にも雨が降りそうな天気
荷物を積み込み出船

先ずは20m程のポイントで
ハマチ狙いからスタート

何度か流すが鳥も少なく
ベイトも底ベッタリで反応が無いので
移動して太刀魚ポイントへ

大きなウネリで船がバタバタ
水深70m前後
底から20m程に反応がある様で
底から20回程巻上ゆっくり誘う
ジグはスパイV200gNSゼブラを落とし
一投目でヒットするがウネリが
上手く掛ける事が出来なくジグロスト

今度は250gのグリーンゴールドを落とし
同じように誘うと直ぐにアタリが
今度は口がリアフックに掛っていた。

反応がある時はこのパターンで
一投一匹のペース

反応が薄くなってからは
底から中層までの広範囲を
探りながら拾い釣り

11時頃まで太刀魚で遊んで
真鯛のポイントへ移動
ランガンでベイト反応の上に
船をのせて探るが
タイカブラもジグも反応無しで終了

結局今回は太刀魚が
指3.5本がMAXで20本位の釣果でした。

tachi

ジギングをした事のない方でも
太刀魚は手軽に釣れて
初心者にはもってこいのターゲットです。
是非始めてみませんか?

今回のタックル
ロッド   シマノ ゲームタイプLJ631
リール  シマノ オシアジガー1500HG
ライン  スーパーファイヤーライン1号
ジグ   スパイV 250g グリーンゴールド トマトゴールド




プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR