輪島の青物はドコ行った??? 山本

4月24日(月)輪島「漁生丸」さんにお世話になって来ました。
今年の輪島は魚が薄いのか
なかなか目立った釣果がありませんが
行けば分かるって事でお客様と言って来ました。

朝4時輪島港出船
流石に輪島の朝はまだ寒い
道具を積み込み直ぐ
船室に避難

先ずは舳倉島付近からスタート
私は相変わらずFB200gからスタート
他の方も思い思いのジグを落とす
2流し目程で寝ずの運転の私は
睡魔に襲われ居眠り...
そんな時に稲垣様が
私が気づかないうちに、掛けていて
取り込みも気が付きませんでした。
その後にも同サイズを釣ってました。
t02200391_0480085413921252365.jpg

慌ててジグを投入
直後、馬場様にヒットするが
痛恨のバラシ...
聞けば3本目のバラシだった様だ...

全てフォールのアタリだとの事で
私はCX250gトマトゴールドにチェンジ
すると一発で
t02200391_0480085413921252367.jpg
喰ってくれました(^◇^)
その後小さなマハタとキツネメバルを追加

こんな感じになりましたが
この一流しだけで
沈黙の時間がやって来た...

船長も色々走りまわって
ポイントを変えてくれますが
全く反応なし

七ツ島付近に戻り
ポイントをランガン
根のあるポイントを重点に
流しているので
ヒラマサが居るかもしれないと思い
タックルを変えようとした瞬間
隣で祖父江様が「喰った!」と叫んだ

初めての青物でどうしたらいいか
分からない状態
私は笑いながら「巻いて巻いて」と急かす

上がって来たのは
なんとヒラマサでした(^○^)
t02200391_0480085413921252370.jpg

これを最後にマッタリ時間になり
14時の沖上がりを迎えました。

帰港後、他の地域の釣果を見たら
各地で青物大爆釣してるし...
全くダメですねぇ...

次はどこに行こうかなぁ...

因みに今回の私のタックルは

ロッド  ロジカル55#2#4#6#8
リール ブルーヘブンL50  L30
ライン オシアEX8 2号 ファイヤーライン2号
リーダー 30LB~40LB
でした。
スポンサーサイト

4月23日(日) 釣場調査(武田・江上)


豊浜釣桟橋へ調査に行ってきました!
2週間前釣果が見られたアジを、
夜釣りで狙ってみました。
 
 
 
午後9時到着。
たくさんの方がいらっしゃいましたが
昼間より空いておりますので、
夜釣りの方が桟橋も広々と使えます!
 
DSC07216_convert_20170425091607.jpg
 
 
 
周りの方は「ルアー」「電気ウキ仕掛け」にて、
狙っておりました。
 
 
 
私達は桟橋中央外向きに場所を決め、
足元、投げのサビキ釣りをしました。
 
DSC07220_convert_20170425091316.jpg
 
DSC07217_convert_20170425091129.jpg
 
 
 
夜釣りは特に周りの方の様子が見え難いです。
仕掛けの扱いには、十分気を付けましょう。
所々に電灯はありますが、
ヘッドライトは必需品です。
 
DSC07219_convert_20170425091625.jpg
 
 
 
1時間ちょっと釣りをしまして、
残念ながら我々にも周りの方々にも
釣果はありませんでした。
時合ではなかったようです。
早朝なのか夕方なのか?
次に期待したい!

4月19日(水) キャスティング&ティップラン 菅ノ又

ここ最近、串本や沖縄にレッドモンスターばかり狙いに行っていましたが、今回は久し振りに三重県紀伊長島にいってきました。
今回御世話になった釣り船は、久勝丸さんです。
ここ最近良型が釣れていて、3.5kのレッドではなくホワイトモンスターが上がっているとのことです。
狙い方はシャローエリアではキャスティングでノーマルのエギで狙い、ディープエリアではティップランで狙うといった二段構えでいくとのことです。
IMG_0495_convert_20170420110208.jpgIMG_0494_convert_20170420105840.jpg
昼前から風が強くなる予報なので、少し早目の出船となりました。

午前中はシャローエリアでキャスティングで狙うとのことで、ノーマルの3.5寸のエギをチョイスしてスタートしました。
最初のポイントはノーバイトで2~3投して次のポイントへ移動、新しいポイントに到着して一投目エギの着底を確認して3回ロッドをシャクリそしてフォールをさせようとした時、通常でしたらラインが出ていくはずが止まったままです、まさかと思い半信半疑で鋭くアワセてみるとロッドに重みが乗りグングンと引いていきます。
私的には珍しく早い段階でイカがヒットしてしまいました、いつもは乗船された方達が釣れてからやっと釣れるケースが多いので自分自身ちょっとびっくりしました。
上がって来たのは700g程の雌のアオリイカです、その後乗船された方にもヒット!私と同サイズの雌をヒットさせていました。
私は同じポイントで同サイズを追加してポイント移動しました。
その後予報より早く風が強くなりキャスティングで釣り辛くなったのでディープエリアでティップランをすることにしました。
しかし全く気配がなく即シャローエリアにポイントに移動することにしました。
IMG_0503_convert_20170420115657.jpg
ポイントを風の影響が少ない所を探して拾い釣りをするこになりました。
風も緩くなった瞬間エギをキャスト底取りをして数回シャクリ後のフォールの途中でラインがストップ流石にこんなに早く着底するはずが有りません。
ハッキリとでた典型的なイカのアタリですこれを逃さず鋭く大きくアワセると、勢いよくドラグが滑っていきます。
1kクラスのイカであればドラグが滑らず上がって来るセッティングにしてあるのを滑らすのですから確実にキロオーバーです。
数回ラインを出されましたが、横幅の広い私の体型と同じメタボの雄のアオリイカがあがってきました。
その後このポイントにも強風が入り込んで、ポイントを移動しても強風が邪魔で釣りができない状態になり納竿となりました。
IMG_0505_convert_20170420115732.jpg
港に戻りメタボ君を軽量してみると、なんと2キロジャストありました、船長がしっかりと水抜きをして測ったので間違いありません。
長さのわりに横幅があるメタボのイカでした。
IMG_0507_convert_20170420115757.jpg
強風の悪条件の中2k頭に船中12杯の釣果でした。
2kクラスやそれ以上大きいサイズのイカを確認するこてができたので、条件が良ければモンスタークラスが上がってくる可能性があります。
今年はまだ良型が多い様に思います、3kクラスも可能性がある季節ですので皆さんもチャレンジしてはいかかでしょうか。
今回使用タックル
ロッド  シマノセフィアXチューンティップエギングS605M-S
リール シマノヴァンキッシュ4000H
ライン よつあみ Gソール スーパージグマン X8 0.6号ー300m
IMG_0511_convert_20170420120236.jpg
帰りは古里温泉でひと風呂入ってスッキリして帰宅しました。
釣りの後のお風呂は気持ちいのですが、睡魔に襲われることがあるので、眠くなったら無理をせず仮眠をしてください。
事故をおこしてしまったら元も子もないですからね。

4月16日(日) 調査釣行 (スタッフ菅ノ又・井上)

今回の調査釣行は、碧南海釣り公園へ行きました。

店の閉店時間午後8時に出発。

現地までは、知多半島道路と衣浦トンネルを通り50分程で到着しました。

早速、様子を見ると温排水前は恒例の大賑わいです。

釣り竿が等間隔に並び激戦区振りがうかがえました。

IMG_0349_convert_20170419191106_2017041919280014a.jpg

私たちは、人混みを避けて先端付近へ。

温排水を過ぎると一気に釣り人が少なくなります。

まずは、2人とも投げサビキ釣りでスタート。

IMG_0351_convert_20170419192201.jpg

菅ノ又さんは、遠投で広く探って手返し良く釣ってらっしゃいました。

IMG_0352_convert_20170419192214.jpg

私はと言うと、始めは投げサビキでしたが、

途中からサビキ仕掛けを変えケイムラやママカリ仕掛けや

サバ皮にケイムラが付いている仕掛けに変えたりしましたが

結果に結びつかず。

そして、投げずに足元中心にサビキ釣りをしました。

しかし、当たらず。

時折、ボラだと思うのですが水面を跳ねる音がします。

周りの方々も電気ウキで黒鯛もしくはセイゴを

狙っている様子でしたが釣れていない様でした。

今の時期は、夜よりも朝方の方が魚のやる気は高いと感じました。

そして、以前と比べ暖かくなったおかげで服は少し薄着でも寒く無かったです。

夜釣りは、これからに期待です。


4月12日 13日  七里御浜サーフフィッシング スタッフ光広

4月12日(水)と13日(木)の連休を利用して、三重県熊野市の七里御浜へ行って来ました。

お客様の古田様からお誘いをいただいて、2人で釣行。
前日まで荒れ模様だった為、12日は11時に集合しのんびりと熊野へ出発。

道もすいていたため、途中休憩を挟んでも3時間程で熊野へ到着。
道を走りながら、目ぼしいポイントを見つけすぐに釣りの支度をします。

2人の狙いはヒラメやシーバス、あわよくば青物やヒラスズキが釣れればと「とにかく釣れるものを狙おう」といった感じです。
DSCF2727_convert_20170414211538.jpg
初日に入ったポイントは市木川河口。
河口付近には釣り人も居て、この辺では定番ポイントのようです。

古田様は青物用タックル。
私はこの日の為に新調した、ヤマガブランクス「バリスティック ヒラTZナノ」とダイワ「セルテートHD3500SH」で挑みます。

前日に前線が通過したせいか、海は少し濁りがあり、ウネリも残っていました。
プラグやジグを試しますが2人ともノーヒットのまま夕方を迎えました。

夜は42号沿いにある「ビジネスホテル七里御浜」で宿泊。
翌日に備え、早めに就寝。5時に起きて、朝マズメを狙います。

しかし、翌日。
起きたら6時半‼いきなりの寝坊です。
急いで宿を出てポイントへ向かいます。
DSCF2728_convert_20170414211602.jpg
この日のポイントは志原川河口。

古田様はヒラメ用タックル。私は前日同様のタックルで挑みます。

河口付近をプラグで探りますが反応が無く、海岸沿いをジグでランガンし探ります。
すると、いきなりのアタリ‼
すかさずアワセを入れて、やり取り開始。
重量感があり、強めに設定したドラグも少しづつ引き出されながら寄せてきましたが…
痛恨のバラシ。思わず天を仰ぎました。
DSCF2729_convert_20170414211218.jpg
ヒットルアーはシマノ「熱砂スピンビーム32g」
テール付近に歯形の様に塗装が剝がれていました。
ヒラメかそれとも他の魚か、バラシが悔やまれます。

しかし、生命反応が確認できたのは大きな収穫。
その後も黙々とキャストを繰り返します。
DSCF2730_convert_20170414211340.jpg
北風が徐々に西になり、いつの間にか東風に変わりました。
私がトイレ休憩をしていた11時半頃、遠くから古田様の呼び声が聞こえました。

駆け寄ってみると、何か釣れた様子。
DSCF2731_convert_20170414211408_20170415132543d12.jpg
60cmオーバーのきれいなヒラスズキ‼
体高のある魚体に2人とも感動しました。

ヒットルアーはシマノ「熱砂シースパロー95」
DSCF2733_convert_20170414211453.jpg
少しワンドになった所に広がっていたサラシに投げて、ヒットさせたそうです。素晴らしい‼

この魚を最後に2日間の釣行は終了しました。
今度は秋に来ようと決めて帰路につきました。





プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR