fc2ブログ

6月16日・17日 犀川釣行 スタッフ光広

今年から始めた長野県の犀川での「犀川チャレンジ」
ルアーでニジマスとブラウントラウトを狙います。
今回が2回目の釣行で、エサ釣りの臼井君と同行しました。
前回は先月釣行しましたが、ノーバイトに終わりました。

今回は2日間の釣行、初日は下流域の犀川殖産管内へ行きました。
最初のポイントは漁協の上流にある橋に車を止めて、探りました。
2022061915580650e.png
犀川での定番ルアーのスプーンをメインに使い、ボトムを転がすように流して探りましたが反応なし。
釣り上りながら生コン工場の裏にある瀬に行き着きました。
瀬の始まりから上はトロ瀬が広がり、いかにも釣れそうな流れでした。
20220619155807cc8.jpeg
ここでは試してみたかったバイブレーションのリフト&フォールで探ってみます。
上流へキャストし、下流に流れていくルアーを上げ下げして誘いました。
そして、待望のアタリ。バラさないように慎重に寄せて無事にランディング。
202206191558074ae.jpeg
34cmのブラウントラウト。思いついた釣り方で釣ることができて、納得の1匹になりました。

ポイントを移動し、今度は道の駅「大岡特産センター」の裏へ。
20220619155810510.png
ここでは臼井君がニジマスを釣り上げました。
私はノーヒット。

昼休憩を済ませて、この日最後のポイントへ移動しました。
20220619155812fef.png
大八橋の下流に入りました。ここでは臼井君がテンカラでブラウントラウトを釣り上げました。
私はここでもノーヒットで初日終了。
大町にある「マルハンロッジ」に一泊しました。

2日目は犀川上流の犀川漁協管内で釣りをすることにしました。
最初に入ったポイントは「熊倉の渡し跡」という記念碑がある所から梓川の合流点まで探りました。
20220619155813cb5.png
目についたポイントを徹底的にチェックしましたが、ノーヒット。
臼井君もノーヒットでさらに移動。

前回も訪れた、田沢橋周辺へ。
ここでも反応が得られず、13時に風が強くなり終了となりました。

犀川は両エリア共に日釣り券1000円で楽しめます。
名古屋からは高速で4時間ほどで行けます。

大型トラウトを求めて、次回は9月に行きたいと思います。
スポンサーサイト



6月16・17 犀川本流釣り (スタッフ 臼井)

今回は光広主任と一緒に長野県の犀川へ行ってきました。

先月も日帰りで行ってきたのですが、雨の濁りで2人とも何もなく終わってしまったのでリベンジしてきました。

マルハンを2時頃出発し、行きは全て高速を使い長野道安曇野インターで降りました。

前日雨が降っていたようで川の状況がわからなかったので、上流と下流の様子を見てどちらで釣りをするか決めることにしました。

上流と下流の間にあるダムが放水をしており、水量が増えていたのと濁りなども特に無かったので初日は下流の殖産で釣りをすることにし、セブンイレブン信州新町店で遊漁証を購入(日釣り¥1000)

コンビニから車で5分ほどの穂刈橋の下から釣りを開始。

Screenshot_20220616-063411_Maps_convert_20220619000307.jpg

私は橋のすぐ下で狙って見ましたが、流心が対岸側で腰まで入っても魚が付きそうな流れに届かなかったので、少し歩いてポイント変更しました。

20220616_064750_convert_20220619000113.jpg
20220616_064757_convert_20220619000124.jpg

しかし、良さそうなポイントには先行者がいたので、間をあけて釣り下がることにしました。

水深は腰位で一本調子のポイントで、狙う場所が絞りにくく2時間位探りましたがアタリもなく、眠気が来たので車に戻り少し仮眠をすることにしました。

結局1時間位寝てしまい、釣りを再開しようとすると光広主任から35cmくらいのブラウンが釣れたよと連絡が来ました。

先行者と入れ替わりで入り、釣り上がったところで釣れたようです。

11時頃にポイント移動し、道の駅の駐車場から入れる場所に行きました。

20220616_110833_convert_20220619000132.jpg
Screenshot_20220616-110939_Maps_convert_20220619000322.jpg

ここは私も初めて来る場所です。

20220616_111231_convert_20220619000140.jpg

底の石でこすれるのか、エサ取りがいるのかわかりませんが餌がボロボロになります。

目印を調整して底にガン玉が当たらないようにしますが同じ状況が続きます。しかし、ニジマスのような明確なアタリも出ないのでそのまま釣り下っていきました。

1時間ほど釣り下がった場所で目印かククっと引き込まれるアタリ、アワセますが餌が取られて返ってきました。

相手が小さいと思い次の投入ではワンテンポ遅く合わせると針掛かり、抵抗もあまりなく簡単に上がってきたのは30cmくらいのニジマスでした。

20220616_122145_convert_20220619000206.jpg

一カ所に溜まっていたの次の投入でも同サイズがヒットしてきました。

その後はサイズがさらに小さくなったのか、アタリが出ても掛からなくなってしまったのでお昼休憩にしました。

お昼後はポイント移動して、大八橋の下に来ました。

Screenshot_20220616-133838_Maps_convert_20220619000315.jpg

いつもは橋の脇に車を停めて入るのですが、そこに工事の看板が有り迷惑になるといけないので、違う場所に車を停めて橋の少し下流側で釣りをしました。

餌を使いすぎてしまい、次の日の餌を残しておくためにテンカラ釣りに変更しました。

しかしレベルラインとテンカラ用のハリスを忘れてしまい、2.5号のフロロの通しで釣りをすることに。

狙い方は膝から腰くらいの水深でゆっくりとした流れで、ビーズを付けた毛ばりが底付近を流れるようにしました。

1つの流れで3~5投してアタリが無ければ移動し、少しでも怪しいと思う場所は全て狙う気持ちでテンポよく探っていきました。

なかなか反応もなく終了の時間としていた15時少し前にやっとアタリが出て、アワセを入れると魚の抵抗感が伝わってきました。

引きからして良型のようです。

竿を上流側へ寝かしながら耐えていると徐々に寄ってきます。

一度抵抗されたときに茶色い魚体が見えたのでブラウンのようです。

何度か寄せて、逃げられてを繰り返し5~10分位やり取りをしていると相手が体力を消耗してきたのか素直に寄ってくるようになりました。

最後は糸をつかんでタモ入れに成功。

20220616_145421_convert_20220619000218.jpg

46cmのブラウンが釣れました。 テンカラでの初釣果&ブラウンの自己ベスト更新でした。

写真を撮った後のリリースはブラウンがかなり体力を消耗していたようなので、5分位体を立ててエラ呼吸をさせていると徐々に回復し、ゆっくりと自分で泳ぎ始めたので一安心しました。

テンカラで釣れたのが驚き過ぎて、どのようにアタッたのか記憶が飛んでしまいました。

手元には来ず、糸が引っ張られたのか不自然に止まったのかのどちらかだったと思います。

15時を過ぎたので1日目は終了しました。

その後は大町温泉郷の薬師の湯で汗を流し、マルハンロッジで1泊しました。

 2日目は、犀川漁協(上流)で行ったことのないポイントへ行ってみることにしました。

安曇野インター近くのコンビニで券が買えると思いましたが、扱っている場所がなく穂高のセブンイレブンまで戻り遊漁証を購入(日釣り¥1000)

コンビニでマップをもらいましたが、駐車スペースなどの情報は何も書かれていない普通の地図を渡されたのみでした。

地図やグーグルマップを頼りにポイントを探していると、熊倉の渡し跡と言う石碑近くで川に入れる場所を発見しました。

Screenshot_20220617-063459_Maps_convert_20220619000330.jpg

7時頃に釣りを開始。

20220617_063621_convert_20220619000238.jpg
20220617_063613_convert_20220619000229.jpg

上下に分かれて3時間ほど探りましたが、二人ともアタリなし。

車に戻ったところに餌釣り師が来て情報を交換したところでその人にポイントを譲るために移動しました。

その方は50cmくらいのニジマスを釣ったようです。

その後は田沢橋の下で13時まで釣りをしましたが何もなく終了しました。

Screenshot_20220617-103959_Maps_convert_20220619000338.jpg
20220617_104020_convert_20220619000248.jpg
20220617_104023_convert_20220619000257.jpg

気温も上がり水温も丁度よくなってきているのでこれからが楽しみです。

またチャレンジしてみたいです。

タックル 
 餌釣り シマノ スーパーゲーム パワースペックHH83-88
      天井糸3号2.5m 50cm遊動式 水中糸2号6.7m
      針 オーナー 本流キング13号 餌 大関ミミズ

 テンカラ シマノ BGテンカラ48NV
      フロロ10lb 6m (通常 レベルライン4号5m ハリス1.75号 1ヒロ)
      針 タングステンビーズを付けた黒色自作毛ばり

6月14日 浜岡サーフ (大野)

今回はサーフ釣行です。

当日の天候は暴風&雨のダブルパンチでしたが、
今の遠州灘は”あの”魚が釣れます。
日本人なら全員が全員知っているその魚、
そんなコンディションでもぜひ釣りたい。

20220614_042029.jpg

と、いうことで朝4時30分にエントリー。
予報通り爆風ですが何とか背負える場所なので釣りはできます。
日頃から好きなポイントとしてよく行く場所ですが、
大倉戸や田原に比べれば東よりの風に強いのも好みです。

寄せ波、表層の流れが共に東から西側に流れ、一見すると難しそう。
とりあえず40gのタングステンジグから入ります。
しかし思ったよりも中層からボトムの流れはきつくなさそうなので
30gのスリムジグへ変更。
アタリがないのでランガンスタイルへ。

狙うべきは流れの境。
寄せ波が浜と水平になる場所を見つけました。
最初に入ったのは沖に馬の瀬があるポイント、
次に入ったのは手前からシャローが続くポイント。
地形の違いによる潮の流れのぶつかり合い、
ここならベイトもたまりやすいはず。

答えはすぐに帰ってきました。
暴風の中でもはっきりとしたバイト。
しかしながらバラすこと4回。
口が弱い魚なので合わせやドラグ設定を弱めにしていましたが
これが間違い。
通常のドラグ設定に戻しようやくキャッチとなります。

20220614_045727.jpg

そう、今回の狙いはアジ。
それも20㎝後半から40㎝までの大型ばかりがいるようです。
ターゲットを確保できて一安心。

ルアーはZeakeの「Gスラッシャー30g ピンク」
5回しゃくった後のボトムで食わせました。
次投でサイズダウンですが2匹目ゲット。

その後サバの10㎝を追加して今度はただ巻きでのヒット。

20220614_052132.jpg

カンパチの幼魚もゲットできました。

しかしこの後は魚が追加できずに打ち止め。
一度手前でヒラメらしきアタリがあったのですが
すぐにばらしてしまい正体分からず。

10時ごろまで探りましたが結局4時半から5時までが時合でした。
来週も時間あれば行きたいですね。
3時半くらいから入っても面白そうかも。
ナイトサーフでジグが成立するのか分かりませんが
グローティンセルなりトレーラーなりで行ける気がします。
ベイト抜けないでくれ~。

20220614_105312.jpg

帰りに大倉戸に寄りましたが横風厳しく断念。
サラシ打ちができそうな気がしましたがそこまで届かず。

20220614_133556.jpg

メジャーが行方不明なので尺ワンとの比較。
ほぼほぼ同じサイズなので尺アジといってもよいでしょう。
もう一匹は25㎝ほど。

20220614_140121.jpg

胃の中にはカタクチとゼンメでしょうか。
ルアーシルエットは小さめのほうがいいでしょうね。

実は今回投げサビキも用意していたのですが
なんと家に忘れてくるという大失態。
皆さんは忘れないようにしましょう。
絶対サビキのほうが釣れると思います。

ヤマガブランクス:アーリー109MMH
SHIMANO:17ツインパワーXD4000XG
山豊テグス:レジンシェラー8 1号
シーガー:プレミアムマックス6号

6月12日 調査釣行(スタッフ 武田・臼井)

今回の調査釣行は9号地へ行ってきました。

朝の6時少し過ぎに到着、少し前に様子を見に来たときは南面が工事で入れなくなっていましたが、今回は工事も終わっており入る事ができました。

車は20台近く止まっていました。

DSCN1112_convert_20220612084935.jpg

DSCN1113_convert_20220612084943.jpg

南面だけでも釣り人は30人程、投げ釣り、ルアー釣りの他にタコ釣りをしている方もいました。

DSCN1114_convert_20220612084948.jpg

DSCN1115_convert_20220612084954.jpg

投げ釣りの方に話を聞くと、今来たばかりだけどギマが釣れたといっていました。

私たちも南面の西側で釣り開始。

武田さんはちょい投げ、私はタコを狙って見ました。

武田さんに1投目から何かヒット。

DSCN1116_convert_20220612085000.jpg

ギマが釣れました。

DSCN1118_convert_20220612085007.jpg

私はエギを2つ付けたり、オモリを夜光の物に変えたりしてアピール力重視で狙いますがアタリなし。

その間も武田さんにはギマ・クジメ・キュウセンが釣れていました。

DSCN1120_convert_20220612085019.jpg

DSCN1119_convert_20220612085013.jpg

DSCN1122_convert_20220612085025.jpg

タコ釣りをしている方が2・3人の方が釣っていたよと教えてくれました。

タコ釣りをしている方は、10人ほどいたのですが今日は全体で3杯くらいしか釣れていないようでした。

7時半頃武田さんの餌が切れてしまったので終了となりました。

釣果はギマが5匹、クジメ・キュウセンが1匹ずつでした。

1時間半位でこれだけ釣れるので十分楽しめる思います。

タコは去年よりは調子がよさそうですが、まだ少し早いようです。

9号地は店から15分ほどで、足場も良い場所なのでぜひ釣行してみてください。

御母衣湖 トラウト (スタッフ大野)

今回は御母衣湖へトラウトフィッシングです。

高校時代の同級生である早川氏と、
恩師である武知氏とともに初のランドロックトラウトへ。

早川氏と武知氏は経験者であり、特に武知氏はかなりのベテラン。
気心の知れた二人の助言を聞きながらの釣行となりました。

当日は7時に御母衣のドライブインに集合。
私は早川氏とマルハンで、武知氏は現場での集合となりました。

実は武知氏とは高校卒業以来の再会。
早川氏は何度か釣行を共にしていたようです。

7時ちょい過ぎにドライブインみぼろ湖に到着。
再会の挨拶もそこそこに早速近くのポイントへ。

20220605_072013.jpg

少し藪漕ぎをしポイント到着。

崖のようになっているところもあれば
シャローフラットからのブレイクがあったり
探れる場所はいろいろありそうです。

武知氏は崖のドン深ポイント、早川氏はその隣に。
とりあえず私はシャローポイントへ。

ポイントではベイトであるワカサギを発見。
5㎝~7㎝程のものがサングラス越しに群れを成しているのが見えます。

トップバッターは「クルード85SR SSF アカキン」。
すると一投で…

20220605_073548.jpg

ウグイ!
御母衣では非常に個体数が多い魚種のようです。
手前のブレイク沿いでクンッと持っていきました。

その後ももう一匹ウグイを追加しましたが本命は現れず。

すると私の隣に移動した早川氏に魚信が!

20220605_084304.jpg

綺麗なヒレピンヤマメです。
ヒットルアーは「レイクショアスローロング15g トラウトチャート」。
ボトムでガツンと来たようです。

私も少し遠投を意識してスプーンへチェンジ。
アタリ自体はあるもののかけられず。

何投目か。
ブレイクでリトリーブ後のステイを長めに取ったらググッと来ました。

20220605_100934.jpg

ニゴイ!
ウグイよりは引きましたが残念。

その後の一投で振りかぶった際にPEが高切れ。
手前に沈めすぎてブレイクで擦れていたのか、
何はともあれ回収はできたので一安心。
ラインの確認は怠らないようにしたいですね。

その後も早川氏の近くで大型イワナがカミキリムシをライズして食ったり、
私の蝉ルアーで狙ってみたりしましたがうまくいかず。

と、10時過ぎに武知氏にヒット!
何度かかけていたようですがようやくキャッチにこぎつけたとのこと。

20220605_102130.jpg

ヒットルアーは「DUO リュウキ80S アユ」。

36~37㎝程の綺麗なレインボー。
キープするので胃の中をさばいて見せてもらいました。

20220605_103028.jpg

ハルゼミが丸々1匹入っていました。
ワカサギが入っていると3人が3人共の予想でしたが大外れ。

10時半過ぎにポイント移動。

武知氏の知り合いの方が前日6匹キャッチしたというポイントへ。
期待が高まります。

南風が吹き、湖面が波立っています。
プレッシャーもさがりよいのでは?
と、思ったのですが結局このポイントではアタリもなく終了。

武知氏がシラメをスレで掛けたとのことですがばらしで正体わからず。
14時前に移動。
今日は16時までの予定なので次のポイントで最後。

最後はウェーディングでのエントリー。
魚道が沖にあるそうなのでジグなりスプーンなりで遠投。

ボトムでは反応がないので中層で誘いをかけます。
スプーンを2回リトリーブ後に2カウントステイ。
小さな当たりが頻発しますが乗せられず。

途中でジグに変更しましたが結局スプーンで通すことに。
手前のブレイクで2回リトリーブ後のフォールで持っていかれました。

20220605_143959.jpg

ウグイかと思いましたがようやく私にもトラウト。
小さめでも1匹は1匹ですね。

その後も早川氏、武知氏にもアタリはありましたがキャッチできず。
全員一安打ずつで終了となりました。

やはり複数人の釣行は楽しいですね。
日頃ワンマンなので余計に痛感します。

しかし水温が高くなってきたので今後御母衣湖での
釣果はそこまで期待できそうにないとのことでした。
当日は16~17℃でしたが18℃を超えるようになると活性が落ちてしまうようです。

しかし久しぶりに楽しい釣行でした。
車でも1時間40分くらいで着くので通える距離です。
また時間を見つけていってみたいですね。

SOULS:TF-EA74MHS-TZ
SHIMANO:22STELLA 2500SHG
VARIVAS:MAXパワーPE 0.8号
VARIVAS:ビッグトラウトショックリーダー3.5号
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR