FC2ブログ

1月13日(日) 釣場調査 (武田・江上)


新舞子マリンパークへ
調査に行ってきました!
 
 
 
6時半到着。
冬場の朝は人が少な目です。
 
DSC08033_convert_20190115104922.jpg
 
 
 
入口直の所でスタート。
イシゴカイをエサに
チョイ投げとブラクリで
狙ってみました。
アタリも少なそうなので
エサは兎に角いっぱい付けて、
量でアピールしてみました。
 
DSC08034_convert_20190115104943.jpg
 
 
 
30分の間にプルプルと
小さなアタリが一度だけ。
結構厳しい感じです。
 
 
 
先端へ向けて歩きながら
狙って行きました。
 
 
 
中程にある階段付近足下にて
小さいですが
ようやくカサゴが釣れました!
 
DSC08037_convert_20190115105006.jpg
 
 
 
沖の方も試してみると、
想定外!1月ですが、
ハゼが釣れました!
 
DSC08040_convert_20190115105032.jpg
 
 
 
足下の水面で小魚ですが
エサを獲るような姿が見られたので
仕掛けを浮かせてフラフラ。
数匹寄って来たので
ピタッと止めると、
突っついたり
一瞬糸が走ったりしますが
鈎に掛かりません。
 
 
 
諦めて仕掛けを変更。
アミエビは用意していませんが
サビキ釣り。
カゴの代りに一番下はブラクリ、
ちょっと滅茶苦茶な仕掛け!
 
DSC08048_convert_20190115105137.jpg
 
 
 
沖へ投げてみると
直にアタリがあり、
これも想定外!
ブラクリではなく、
サビキにカサゴが掛かりました。
 
 
 
DSC08043_convert_20190115105054.jpg
 
 
 
もう一度投げるとまた釣れ、
一匹ずつですがよく掛かります。
仕掛けの上から2、3本目、
上の方ばかり喰って来ました。
小型のカサゴは活性が高かったです!
 
DSC08046_convert_20190115105116.jpg
 
 
 
隣で11mの竿で狙っていた方には、
少し大きなサイズのカサゴが
釣れていました。
足下より少し沖が良いようです。
 
 
 
他の場所ではぶっこみ釣りにて
セイゴが釣れていました。
 
 
 
アタリは少ない時期ですが、
色々試して魚を探すのも
釣りの面白いところです!
スポンサーサイト

1/8(火) フグカットウ釣り(スタッフ 臼井)

今年初のカットウへ行って来ました。

御世話になったのは石川丸さん。

20190110_150037_convert_20190110150725.jpg

仕掛けは食わせハリを2本にして、オモリの交換をすぐに出来る様にしてみました。

20190108_053954_convert_20190110150751.jpg

エサはG甘えびと新製品の新鮮あおやぎ大パック(500g)を使いました。

5時少し過ぎに受け付けを済ましましたが、今日はすでに場所がほぼ埋まってしまっていて、右舷の後方に場所を取りました。

人も多く、全員で18人でした。

あおやぎの大パックは一粒が大きく締まっているので、特に何もする必要が無くそのまま使えました。

20190108_064207_convert_20190110151030.jpg

7時頃出航し10分程移動した所で釣りを開始しました。

今日は天気も良く、船の揺れも少ない一日でした。

朝準備をしているときに、船頭さんから昨日は誘いながらゆっくり落とすとよく釣れたよ。

フグは一度散ってもすぐに戻ってくるから強くあわせても少し待っていればいい。とアドバイスをもらうことが出来ました。

教えてもらった通りに底に着いたら高く上げて、ゆっくり上下に誘いながら落として少し待っていると、コツコツとアタリが有りふぐを釣る事が出来ました。

その後もポツリポツリとですがかずを伸ばしていき、開始3時間程で6匹釣る事が出来ました。

ほとんどのフグ掛け針に掛かってきましたが、食わせの針でも釣れることが出来ました。

その後は周りの人は釣れているのに自分だけ釣れない時間が続きました。

そこでカットウシンカーを白色のものからグローの物に変えシンカーの上にカワハギに使うヒラヒラスカートを付けてみました。

シンカーを変えてすぐに根掛かりのような重さが竿に伝わってきました、始めは本当に根掛かりかと思っていましたが、ゆっくりと上がってくるので上げてみるとタコが掛かっていました。

20190108_084629_convert_20190110151043.jpg

船頭さんに記念に一枚撮ってもらいました。

残り20分になるまでフグの釣果は9匹でした。

なかなか2桁へ行くのは難しいなと少し諦めかけていたところコツコツと少し大きなアタリがあり合わせるとブルブルと振動が伝わってきました。

しかし、すぐに根掛かってしまい逃げられたかなと思いましたが、根掛かりをとっても重さを感じたのでそのまま巻き上げました。

上がって来たのはとても大きなフグでした。

20190108_125728_021_01_convert_20190110151057.jpg

この日一番の重さのフグでした。

20190108_130923_convert_20190110151130.jpg

今回の釣果は10匹とたこ一杯でした。

2桁釣れたのでとても満足出来ました。

最近は掛け針のみが外れるシンカーのロストが少ない仕掛けが主流になってきています。

仕掛け自体はとてもシンプルなので皆さんもぜひ一度カットウ釣りへ出かけてみて下さい。

20190108_130046_convert_20190110151112.jpg

1月7日(月) 磯釣行 (スタッフ武田)

紀東の磯釣りへ行って来ました。

今回、御世話になったのは方座浦の「やままる渡船」さん(善之船長080-2640-7344)

受け付け時間近くに駐車場へ着くと車が多くてびっくりです。

この日は、平日にもかかわらず、20人以上の方がいらっしゃいました。

人気有りますね。

受け付けを済まし、午前6時30分頃出船しました。

当日の磯番は、1、2番(東、中)で1番から順に渡礁しました。

私は、当店の御客様の福島様のアドバイスも有り、2番ガニに渡しました。

前日に西のポイントで3発バラシが有ったそうです。

私は、沖向きのポイントからスタート。

1時間程してアタリが有り27cm程のグレが釣れました。

すぐリリース。

その後、エサも取られなくなり西のポイントへ移動しましたが、

全くエサが取られません。

しばらく粘った後、最初のポイントへ戻りました。

ウキを沈めて糸を張っていると穂先が入ります。

根から、離すようにやり取りして38cmが上がりました。

続いて30cmを釣った所でピタリとアタリが止まりました。

P1070509_convert_20190109143718.jpg

また、西のポイントでやってみましたが結局その後は、追加出来ませんでした。

沖磯へ渡った福島様は、41.5cm、41cmを2枚とマダイを釣っていました。

P1070506_convert_20190109143744.jpg

P1070508_convert_20190109143731.jpg

さすが、上手ですね。

他にもバラシ多数有りました。

私も横島でバラシを目撃しました。

尾長も多数回遊している様です。

大型グレのチャンス到来です。

また、出掛けたいと思います。

当日の道具
 ロッド:ダイワ・VIP イソ タイプⅡ
 リール:ダイワ・トーナメント磯 3000SH-LBD
 道糸:リミテッドプロ PEG5 0.8号-200m
 ハリス:クレハ・シーガーグランドマックスFX 3号
 針:オーナー・ザ・ロック 8号

2019年 初釣りは  山本

2019年の初釣りは
1月7日月曜日篠島「政宝丸」さんで
地元伊勢湾伊良湖沖へ
青物狙いに行って来ました。

港で船を待っていると
常連のお客様に遭遇、
まあ、地元ですから毎回
誰か知り合いに会います。

船が到着して
今回、私の釣り座は右舷のミヨシに、
この船の時はこの位置が多いです。
6:30過ぎ、朝焼けの中出船して
伊良湖沖へ目指す。

1時間弱でポイント付近に到着
船長は魚探を見て反応の上に
船を着けようとするが、ベイトが居ない様で
なかなか定まらない。
アッチコッチ回って40mラインからスタート。

私は定番のスロースキップFBを落とす、
この日は大潮を考えて250g落とすが
それでも下げの潮が効いていてジグが
船尾の方へ流れるので4,5回底取りしたら
また回収してジグを入れ直す事を繰り返す。
今回は250gまでしか用意していなかったので
これでやり切るしかない。

しかしベイトの反応は全くない様で、
船長は少しでも反応のある所を探し回る。
深い場所は70m弱まで探し回って
他の乗船者がサワラ、ワラサをポツポツ釣り上げるが
これと言ったヒットパターンは見えてこない、
強いて言えば、サワラが釣りたいなら上の方まで探って
ブリ、ワラサ狙いならボトム中心に狙うといった感じ。

ブリ、ワラサ狙いでひたすらボトム付近を探り続けるが
全くアタリも無く11時半頃、船長も大移動すると言ったが、
朝に入った気になるポイントに船を着け
仕切り直しでシャクリだしてしばらくすると
「反応が出て来たよ!!喰うよ喰うよ!!掛けてよ!!」と
船長が大興奮。
すぐにボトムに落とし直してボトムで
フォールを入れると案の定喰って来て
山
何とか75㎝程のワラサが捕れました。
この一瞬の時合いが無ければ
新年早々丸坊主になるところでした。
masa_20190108171457852.jpg
船長の最後の好判断で釣れた1本でした。
ありがとうございました。

クーラーを持って行かなかった私は
魚を常連さんに無理やり持って行って頂きました(^-^;
腹の中にはキスと何か分からない小さな魚が
入っていたそうで、ベイトが散っているので
何でも捕食している感じですね。
青物のストックはある雰囲気なので
ベイトがまとまれば、また盛り上がりそうです。

参考までに今回のタックル
ロッド  ロジカル70#2
リール  ブルーヘブンL30
ライン   スーパーファイヤーライン2号
リーダー クレハ7号(30LB)
ジグ   スロースキップFB250g











1/6(日) 調査釣行 (スタッフ 菅ノ又・臼井)

今年初めての調査釣行は、金城埠頭へヒイカを狙いに行って来ました。

20190107_174753_convert_20190107182222.jpg

今回使用した仕掛けはヤマリアのカン付チビイカ仕掛SBを使いました。

エサはマルキューの食わせオキアミスーパーハードビックLを使いました。

金城埠頭は立ち入り禁止の場所が多く、釣り人・釣り場を探しを10分しましたが残念ながら今回は釣り人を見つけることはできませんでした。

8時半頃到着し、準備を始めました。

釣りが出来る場所のほとんどは街灯のない場所の為夜釣りへ行かれる方はヘッドライトを必ず持っていきましょう。

20190106_204320_convert_20190107182104.jpg

20190106_204420_convert_20190107182143.jpg

20190106_204413_convert_20190107182158.jpg

街灯が無い為ヒイカを狙う場合は集魚灯も持っていくことをお勧めします。

20190106_210549_convert_20190107182211.jpg

釣りを開始して30分程たったころ、集魚灯の光が届くか届かないかくらいの場所でモゾモゾとウキが不自然な動きをしました。

糸を少しずつ出しながら様子を見ていたらウキがすっと入ったので軽くあわせました。

しかし、タイミングが早かったのか何も掛からずに仕掛けがあがってきました。

エサの状態を見てみると少しかじられたような跡が有りました。

その後も菅ノ又さんの仕掛けにもアタリが有りましたがこちらも残念ながら掛からず、こちらのエサは私の時よりも大きいかじられた跡が有りました。

その後はしばらく粘ってみますが寒さに耐えられづに2時間程たったころに終了しました。

数回ですがアタリが有ったのでもう少し早い時間から釣りをしてみると釣れるのかもしれません。

釣りをしている間時たま波紋が出たり、魚がはねる音がしていたのでヒイカ以外の魚を狙ってみても釣れるのかなと思いました。

私も菅ノ又さんも寒さの対策はしっかりしていきましたが、じっとしていると寒さは感じたので釣行の際は寒さ対策をしっかりとして行きましょう。
プロフィール

マルハンスタッフ一同

Author:マルハンスタッフ一同
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR